« April 2010 | Main | June 2010 »

May 30, 2010

道南 雄鉾岳その1 10年5月30日 同行H山の会

 好天に恵まれ、残雪の多い雄鉾岳に登ってきた。
          登山口から対岸の岩場を見る
10_001

              白いシラネアオイ
10_006

              増水した銀山沢をたどる
10_010

                ニリンソウ
10_012

                 スミレ
10_015

                サンカヨウ
10_017

             シラネアオイが満開の尾根を登る
10_018

             ツバメオモト
10_027


10_031

               雄鉾岳が見えてきた
10_033_2
 7時50分出発11時50分登頂。3時半下山。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2010

道南 丸岳~長山 10年5月22日 同行Sさん

 Sさんの同行を得て、懸案であった丸岳を含め2山を踏破してきた。

               丸岳と長山
Marudake01

入渓地点
001

               オオサクラソウ
002
               ニリンソウ
006

               小股沢
007

              スミレサイシン
010

               シラネアオイ
011

                サンカヨウ
012

                ブナ林の斜面
014

              ツツジの咲く尾根を登る
016

               イワカガミ
022

                丸岳山頂
030

              枝越しに大千軒を望む
034

                  長山
039

                 七ツ岳
043

             丸岳~長山間の鞍部付近
044

                 丸岳を振り返る          
048

                 長山はもうすぐ
050

                   長山山頂
051

                   沢を下る
070

                   カタクリ
060_2

                  オオバキスミレ
066_2
 丸山~長山を一周して4時間20分だった。薮もひどくなく、快適な登山ができたと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2010

道南 釜谷岳 10年5月15日 同行Tさん

 桂岳につづき、隣の釜谷岳に足をのばした。
                鞍部から見た釜谷岳方面
10_062


10_063

                カタクリの絨毯
10_066

                遠く駒ケ岳を望む
10_068

                山頂付近
10_070

               知内岳から岩部岳
10_071


10_075

                 函館山
10_076


10_081


10_082


10_084

              五丈滝
10_086


10_092


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2010

道南 桂岳 10年5月15日 同行Tさん

 好天に恵まれ、近郊の山で展望と花を満喫した。
                登山口
10_001


10_002


10_006


10_011


10_013


10_017

              釜谷岳方面
10_078


10_020


10_022


10_025

                大千軒岳
10_023


10_032


10_033

                鞍部から桂岳に向かう
10_029

                
10_035


10_039


10_036


10_042

               釜谷岳をバックに
10_044


10_057


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2010

函館市 庄司山 10年5月8日 単独

 大千軒が途中撤退となり、時間ができたので近郊の庄司山に行ってきた。
10_108


10_114


10_117


10_118


10_120


10_121


10_122

           山頂
10_123
 テングスミレ、キクザキイチゲがきれい。特にむらさきのキクザキイチゲが多かった。
帰りには山の恵みを収穫できたのもよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 10, 2010

大千軒岳途中撤退 10年5月8日 同行H山の会

 前日からの雨のため増水した知内川が渡れず、広い河原で引き返した。
10_006


10_012


10_010


10_019


10_030


10_025


10_033


10_040


10_036


10_034


10_038


10_023


10_009


10_043


10_041
残雪と崩落した岩のため登山口までは車で入れず。登山口まで片道40分かかった。
広い河原までしか行けなかったが、花はすばらしかったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2010

越後 ネコブ山 10年5月2日 単独

 3日目はマイナー12名山にも選ばれたネコブ山に登った。


                銅倉尾根下部
005

                  裏巻機 遠望
012

             一面イワウチワのお花畑だった
018

                  八海山
029_2

                  中ノ岳
a href="http://kariba.txt-nifty.com/photos/uncategorized/2010/05/05/030.jpg">030

                  丹後山
034

                 桑ノ木山
037

                 越後三山
054


                 本谷山
061


                 ネコブ山
056

                  山頂
062

                  山頂
097

               下津川山と小沢岳
091
      
                  巻機山
082

                  金城山
084

                谷川連峰遠望
089


101

            イワウチワに慰められる
110

          尾根は急登の連続(下山時撮影)
111

             銅倉尾根下部
121
 5時10分除雪終点出発。5時40分尾根取り付き。8時桑ノ木山。9時40分ネコブ山。10時半下山開始。2時20分下山。
 このコースは下部が急登の連続で、しかも両側が切れ落ちているため注意が必要である。987.4mピークから先は、快適な春山を満喫できた。
 越後三山から巻機山に囲まれ、谷川連峰、尾瀬の山々まで見渡せるすばらしい展望の山だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2010

万太郎山(吾作新道)~谷川岳縦走 10年5月1日 単独

 2日目は武能岳西尾根を登るつもりだったが、取り付きまで行ってあまりの雪の少なさに断念する。
代わりに、以前から登りたかった万太郎山に急遽転進した。
              武能岳西尾根末端
10_002_2

               土樽から万太郎山を見上げる
10_005

                  大障子ノ頭を望む
10_010

                    足拍子岳
10_016_2

                    仙ノ倉山
10_018_2

                  茂倉岳と谷川岳
10_029


                   万太郎山
10_030_2

                  万太郎山上部
10_034

                  核心部を見上げる
10_039_2

                  核心部を見下ろす
10_040

               山頂直下から谷川岳方面を見る
10_047_2

                   もうすぐ山頂
10_050

                     山頂
10_063

                    仙ノ倉山
10_051

                  谷川岳に続く稜線
10_056

                 万太郎山を振り返る
10_070

                おそらく50年以上現役の標識
10_069

                  大障子ノ頭を越えて
10_089

                      俎くら
10_090

               谷川岳山頂から見たオキの耳
10_098

                     山頂
10_117

                    肩の小屋
10_106

                 天神尾根から谷川岳を振り返る
10_123

 6時半出発。7時35分吾作新道登山口。11時15分万太郎山。2時半谷川岳。3時半天神平下山。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

富士山(吉田口から) 10年4月30日 単独

 久しぶりに、雪の富士山に行ってきた。強風とのアイスバーンのため、八合五勺(3450m)の小屋直下までで引き返した。
           5合目から見た富士山。雪煙がすごい。
10_001


10_002


10_003

             単独の人が登ってくる
10_013

                8合目
10_015

10_018

          最古到達点から見た8合5勺にある小屋
10_020

               山頂方向を見る
10_025

             登っていく2人パーティー
10_027_2


10_030

               5合目より富士山を振り返る
10_041

               富士吉田駅からの富士山
10_043

               車窓から見た富士山
10_047
 同じ日に登った人はほかに4人だった。登頂はできなかったが、往復6時間半で充実した登山ができたと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »