« January 2010 | Main | March 2010 »

February 28, 2010

道南 坊主山(544m) 八雲町 赤岳(531m) 10年2月28日 同行Sさん

 Sさんの同行を得て、長万部町と今金町の境界にそびえる坊主山と、以前から登りたかった赤岳に行ってきた。
         スキー場近くから見た坊主山(帰りに撮影)
057

              440.8mピークを背後に
013


016


022

               正面を直登した
028

              頂上直下を登るSさん
029

             山頂からルコツ岳を見る
031

                 山頂
045

          カニカン岳から長万部岳のパノラマ
060

                奥が赤岳
066

            岩子岳をバックに山頂にて
074

              岩子岳とペンケ岳
082

              急斜面を降りるSさん
087

                赤岳を振り返る
093
 9時10分ピリカスキー場出発。11時10分坊主山。1時30分スキー場下山。
 2時30分雲石峠出発。3時15分赤岳。4時15分下山。
つづく。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2010

冬の峻峰 試登 10年2月21日 単独

014


020


022

019


025


031


029


030


032


038


043


049


| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 11, 2010

道南 北斗市 818.2m峰~779.3m峰~三角山(厚沢部)縦走 10年2月11日 単独

 以前から登ってみたかった818.2m峰と厚沢部の三角山を、縦走しながら両山とも登頂できた。
            中二股林道から818.2m峰を望む
818_004
            林道終点から見上げる818.2m峰下部
818_014
                 大野ダムと毛無山
818_021
                 818.2m峰
818_025
               三九郎岳と二股岳
818_026
           818.2m峰山頂(バックは819.1m峰)
818_036
           西からふりかえった818.2m峰 
818_040
               三角山と焼木尻岳
818_074
                  三角山
818_081
                827.2m峰
818_084
7時15分出発。8時40分尾根取り付き。9時55分818.2m峰。11時25分779.3m峰。0時5分689.6m峰。1時30分三角山。3時20分上二股川出合下山。
大野ダムから818.2m峰に登り、森町との分水嶺を縦走。770mピークで厚沢部町との境界に出て、あとは町界を南下した。
 ほとんど注目されてこなかったが、個性的な山容の山々を眺めながら歩くことができた。
 稜線の積雪は1m20cmほど。ラッセルはワカンで5~10cmうまる位で、好条件だったと思う。
818_002
大野ダム

818_005
北斗市 三角山

818_006
619m峰

818_016
760mピーク

818_022
760mピークと遠くに設計山


818_048
狗神岳を望む

818_039
792m峰

818_056
バックは乙部岳

818_082
689.6m峰

818_083
三角山への難所


818_076
711.9m峰


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2010

道南の秘峰 ⅩⅡ

 久々に道南の秘峰シリーズ、紹介します。
798m_048
森町 駒ケ岳ダムの奥にそびえる798.1m峰。先月登頂。

798m_045
森町 819.1m峰と稜線続きの761m峰。片面が切れ落ちているので、目立つ山である。登るとしたら駒ケ岳ダムからだろう。

031
福島町から見た684.8m峰。里から近いが、登ったという話は聞いたことがない。写真のようになかなか立派な山容である。

030
八雲町狗神岳北方にある632.4m峰。濁川温泉から登る。すぐ近くを通ったが、狗神岳に向かったため未登頂。
鉄砲岳から見ると登高欲をかき立てる山容である。


028
八雲町鍋岳の北にそびえる824m峰。鉄砲岳から見るとなかなかの秀峰である。三角点測量以外でこの山に登った人はいないのではないかと思う。

つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »