« August 2008 | Main | October 2008 »

September 28, 2008

雄鉾岳(本峰、西峰) 08年9月28日 同行U さん、Kさん

 道南の道がある山で最も険しい山雄鉾岳と、訪れる人も稀な西峰で、プチ冒険を味わってきた。
              積雪期の西峰
006_2
      雄鉾沢から見た雄鉾岳の岩壁。右が西峰
009
          岩壁の基部をトラバースする
016
             海見平から見た山頂
028
                  西峰
037
           遊楽部岳をバックに西峰山頂
060
            西峰から本峰を振りかえる
063
              西峰直下を下る
067
             笹薮を漕いで本峰に戻る
069
              999mの雄鉾岳
073
 6時45分登山口出発。8時5分最終水場。9時55分山頂。10時25分西峰登頂。2時下山。
     手前が西峰
004
        西峰
005
3回目の雄鉾岳。積雪期に雲石峠から西峰をめざしたことがある。このときは単独でもあり、割れ岩から西面をトラバースして本峰に登頂したにとどまった。
 いつかは西峰にと考えていたが、今回2人の同行者を得て実施することができた。
002
 沢沿いの道は一般道とはいいがたいほど荒れており、何度も渡渉を繰り返す。
007
 雄鉾沢に入ると、雄鉾岳の岩壁が見えてくる。
017
 正面から見ると、ここを登った人がいるとは信じられないほどの傾斜である。
 最終水場の手前で、札幌から来たという7人パーティーに追いついた。
     岩子岳とペンケ岳
019
 道は壁の基部を回り込むようにしてつけられている。
 いよいよ急なルンゼだ。
 要所にはロープが張ってあるとはいえ、なかなか厳しい登りである。
 同じようなルンゼは定山渓天狗岳にもあるが、こちらのほうがはるかに規模が大きいと思う。
030
 休みながらも難所を突破し、出たところが海見平。広い笹原の向こうに展望が大きく広がる。ここまでが苦労の連続であっただけに感動ものである。
 周囲の景色を眺めながら、一投足で山頂に着いた。
 三角点だけの頂、これもまたいいものだ。
035
 西峰が見える。
 休むまもなく空身で出発。
 まずは背丈をはるかに越える根曲がり竹地帯である。
 右は断崖絶壁となっており、慎重に進む。
041
 小ピークにて西峰を偵察。急ではあるが、ブッシュづたいに何とか登れそうである。
039
 西側の険しい沢の眺めが新鮮である。
 コルまで降りて、いよいよKさんとアタック。
046
 笹や根曲がりがないので助かる。
       割れ岩
050
 本峰から25分で登頂した。
 北側の展望がすばらしい。
     冷水岳と遊楽部岳
054
       毛無山
062
      三角山と賀呂山
056
066
 割れ岩、岩子岳、ペンケ岳、遊楽部、冷水など、いつまで見ても見飽きない。
10分ほど休んで下山に移る。
 コース取りを間違えると、岩場に突き当たるので注意深く降りた。
 行きと同じ25分で戻る。
 山頂でいつもの記念撮影。雄鉾岳は999mという由緒ある標高なので、ランナーズ9の会の旗も持ってきた。
      元小屋沢山と砂蘭部岳
033
      スルカイ岳と奥に乙部岳
025
 南にはスルカイ岳、砂蘭部、乙部、遠く駒ヶ岳も望めた。
 ゆっくり休んでから来た道を引き返す。
023
082_3
 この山は下りといえども楽ではなく、登りとさほど違わないくらいの時間で下山した。

 久しぶりに達成感のある山行であった。
 
 
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 27, 2008

海谷山塊 

 「雨飾山と海谷山塊」という本が出た。懐かしくなり、さっそく購入して読んでみた。
Amakazari 
                                 
Umitani1
    阿弥陀岳をバックに
Umitani2
 新潟にいた頃県境に近い海谷山塊を何度か訪れた。
 雨飾山、鋸岳、駒ヶ岳から鬼が面縦走など。春に戸隠から焼山、昼闇山、鉢山まで縦走したこともある。
 狭い山域にもかかわらず、個性的で険しい山々はすばらしかった。
 阿弥陀岳と烏帽子岳は未踏なので、いつかは登ってみたいものである。
 本のほうも一読を勧めたい。
エチオピア人難民の診療にあたる
 Somaria01
ソマリア人の難民キャンプにて
Somaria1
 新聞によると、エチオピアで協力活動をしていた日本人医師が拉致されたとのこと。
 私も以前アフリカで協力活動をしたことがあるが、現地での仕事は日本では想像もつかないほどの困難を伴うものと思う。
 一日も早く無事開放されることを祈る。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2008

私のトレールラン試行 その2

 引き続き、越後で実施したトレールランを紹介したい。
027
  走るにはもってこいの飯豊本山から御西岳への稜線(06年8月撮影)
 昭和58年に飯豊全山を日帰りで縦走した。0時15分川入キャンプ場出発。飯豊本山小屋6時25分。えぶり差岳14時半。18時56分大石ダム着だった。
 当時はトレールランなどという概念はもちろんなく、結構重い荷物を背負って縦走したことが懐かしい。
 新潟から朝夕望む飯豊連峰を一気に縦走できたのが、痛快だった。
030
              飯豊本山山頂
 06年8月久しぶりに飯豊でトレールランを実行した。
 4時半川入キャンプ場出発。飯豊本山9時5分。大日岳10時35分。丸森尾根から飯豊山荘下山17時20分。
 年はとったが、あわよくば全山をと狙った。
 今回は58年にはパスした大日岳も登る。
 地神北峰で、えぶり差まで行くと下りで暗くなることが判明。残念ながらこの山から下山した。
 飯豊はトレールランにうってつけの山だと思う。
Asahi3
           朝日連峰をバックに
 昭和62年、今度は朝日連峰でトレールランを実施した。
 7時25分泡滝ダム出発。以東岳10時20分。大朝日岳13時40分。葉山17時30分。18時25分下山。
 以東岳から寒江山の稜線でのランニングでは、大自然と一体になったような不思議な感覚が得られた。
 誰にも会わない静かな山々だった。
 

 昨日映画「蟹工船」の上映会があり、見てきた。70人の会場に100人以上の人が集まり、入りきれないほどだった。映像に函館に関連するものが、何度も出てきて複雑な思いがした。
 映画終了後実際に蟹工船で働いた人の話があり、得がたい経験ができた。
 「蟹工船」一読を勧めたい。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2008

羊蹄山 08年9月14日 同行Mさん

 秋晴れの中、比羅夫口より羊蹄山に登ってきた。
030
          9合目を過ぎ、もうすぐ火口が見える
007
               幌別岳方面を見下ろす
004
              旗が逆さまなのはご愛嬌
017
019
016
024
           アンヌプリを見る
002
015
   洞爺湖を望む
021
026
 6時15分登山口出発。7時45分5合目。9時40分山頂。1時30分下山。
 久しぶりに羊蹄山に登ってきた。膝を痛めってから自粛していたが、ゆっくり登ったのでなんとか大丈夫だった。
 好天の連休ということで登山者は多く、比羅夫コースだけでも4、50人くらいの人に会った。
 登山道はよく整備され非常に歩きやすい。
 上部は紅葉していた。
 冷え込みが少ないせいかいまひとつという感じだった。
 下山は火口を一周してから同じ比羅夫コースを採った。
 今度は積雪期に登ってみたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2008

オロフレ山 08年9月12日 単独

 予想に反し曇天であったが、オロフレ山にはじめて登ってきた。
Oro1
              山頂直下
Oro2
Oro3
           急な下りがつづく
Oro4
 登別ではガスのため展望がなかったが、オロフレ峠まで来たら結構いい天気で驚く。
 登山口から1時間5分で登頂。登りやすい整備された道だった。
 短時間のわりに達成感を味わえる山である。
 展望は徐々にきいてきて、来馬、ホロホロ、徳舜瞥はもとより羊諦山の上部も確認できた。
 約1時間で下山した。
Oro5
 夕方は上記講演会に参加した。
 大間原発はもとより、六ヶ所再処理工場の危険性をあらためて認識した。
 ふるさとを廃墟としないため、微力ながらやれることをやっていきたいと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2008

私のトレールラン試行 その一

 最近トレールランが話題である。昨年膝を痛めたので現在は無理であるが、よくなったらまた実行してみたいものである。私の経験からいくつか紹介したい。
098
     十勝岳から美瑛岳と遠くにトムラウシを望む(別の山行時)
 十勝岳温泉~カミホロカメットク~十勝岳~トムラウシ~化雲~天人峡温泉を日帰りした。オプタテシケからトムラウシ間は大雪本来の原始性が残っており印象深い山行だった。
007
            石狩岳山頂から旭岳方面
 ポンユニ石狩沢からユニ石狩岳~石狩岳~化雲岳~天人峡温泉を日帰りした。音更岳から石狩岳、ニペノ耳にかけての稜線では、スケールの大きい景観を楽しめた。
003
             羊蹄山頂上稜線
 比羅夫口から山頂まで何時間で登れるか、挑戦した。このときは何とか2時間切りを果たせた。
 
 月刊誌「世界」9月号を読んだ。
対談「死刑は社会を野蛮にする」加賀乙彦、安田好弘 は読み応えがあった。
死刑制度に関するもやもやしたものが晴れたように感じた。
ぜひ一読を勧めたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »