« 海谷山塊  | Main | 私のトレールラン試行 その3 »

September 28, 2008

雄鉾岳(本峰、西峰) 08年9月28日 同行U さん、Kさん

 道南の道がある山で最も険しい山雄鉾岳と、訪れる人も稀な西峰で、プチ冒険を味わってきた。
              積雪期の西峰
006_2
      雄鉾沢から見た雄鉾岳の岩壁。右が西峰
009
          岩壁の基部をトラバースする
016
             海見平から見た山頂
028
                  西峰
037
           遊楽部岳をバックに西峰山頂
060
            西峰から本峰を振りかえる
063
              西峰直下を下る
067
             笹薮を漕いで本峰に戻る
069
              999mの雄鉾岳
073
 6時45分登山口出発。8時5分最終水場。9時55分山頂。10時25分西峰登頂。2時下山。
     手前が西峰
004
        西峰
005
3回目の雄鉾岳。積雪期に雲石峠から西峰をめざしたことがある。このときは単独でもあり、割れ岩から西面をトラバースして本峰に登頂したにとどまった。
 いつかは西峰にと考えていたが、今回2人の同行者を得て実施することができた。
002
 沢沿いの道は一般道とはいいがたいほど荒れており、何度も渡渉を繰り返す。
007
 雄鉾沢に入ると、雄鉾岳の岩壁が見えてくる。
017
 正面から見ると、ここを登った人がいるとは信じられないほどの傾斜である。
 最終水場の手前で、札幌から来たという7人パーティーに追いついた。
     岩子岳とペンケ岳
019
 道は壁の基部を回り込むようにしてつけられている。
 いよいよ急なルンゼだ。
 要所にはロープが張ってあるとはいえ、なかなか厳しい登りである。
 同じようなルンゼは定山渓天狗岳にもあるが、こちらのほうがはるかに規模が大きいと思う。
030
 休みながらも難所を突破し、出たところが海見平。広い笹原の向こうに展望が大きく広がる。ここまでが苦労の連続であっただけに感動ものである。
 周囲の景色を眺めながら、一投足で山頂に着いた。
 三角点だけの頂、これもまたいいものだ。
035
 西峰が見える。
 休むまもなく空身で出発。
 まずは背丈をはるかに越える根曲がり竹地帯である。
 右は断崖絶壁となっており、慎重に進む。
041
 小ピークにて西峰を偵察。急ではあるが、ブッシュづたいに何とか登れそうである。
039
 西側の険しい沢の眺めが新鮮である。
 コルまで降りて、いよいよKさんとアタック。
046
 笹や根曲がりがないので助かる。
       割れ岩
050
 本峰から25分で登頂した。
 北側の展望がすばらしい。
     冷水岳と遊楽部岳
054
       毛無山
062
      三角山と賀呂山
056
066
 割れ岩、岩子岳、ペンケ岳、遊楽部、冷水など、いつまで見ても見飽きない。
10分ほど休んで下山に移る。
 コース取りを間違えると、岩場に突き当たるので注意深く降りた。
 行きと同じ25分で戻る。
 山頂でいつもの記念撮影。雄鉾岳は999mという由緒ある標高なので、ランナーズ9の会の旗も持ってきた。
      元小屋沢山と砂蘭部岳
033
      スルカイ岳と奥に乙部岳
025
 南にはスルカイ岳、砂蘭部、乙部、遠く駒ヶ岳も望めた。
 ゆっくり休んでから来た道を引き返す。
023
082_3
 この山は下りといえども楽ではなく、登りとさほど違わないくらいの時間で下山した。

 久しぶりに達成感のある山行であった。
 
 
 
 

|

« 海谷山塊  | Main | 私のトレールラン試行 その3 »

Comments

西峰、お疲れさまでした。私も次の時にはぜひ行ってみるつもりです。

昨日、今年笹刈り整備がされた冷水岳に登ってきました。真西から眺めた雄鉾岳、SHOさんの西峰からと同じ感じの頂上と西峰が見えました(写真もアップ)。

また、昨年末に二人で登った毛無山も見え、このときの会話が大腸癌発見に繋がったことを思い出し、そのことにも触れて山行記を書きました。

Posted by: sakag | September 30, 2008 at 12:54 PM

sakagさん、コメントどうもありがとうございます。

西峰、いい山でした。ぜひお勧めです。

もうひとつ、小鉾岳の最高点も気になりますが、こちらは難しそうです。

冷水岳、お疲れ様でした。それにしても往復4時間台というのは速いですね。紅葉も楽しめいい山行だったことと思います。

また雪が積もったらどこか登りましょう。

Posted by: SHO | October 02, 2008 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/42622563

Listed below are links to weblogs that reference 雄鉾岳(本峰、西峰) 08年9月28日 同行U さん、Kさん:

« 海谷山塊  | Main | 私のトレールラン試行 その3 »