« July 2008 | Main | September 2008 »

August 31, 2008

北斗市 毛無山 08年8月31日 同行Tさん

 腰のリハビリも兼ねて、近郊の毛無山に行ってきた。
                   大石ノ沼
002
              711mピークを見上げる
004_2
006
007
008
9時20分登山口。11時5分山頂。1時下山。
 昨年の初冬以来の毛無山である。
 大野川にかかるつり橋を渡り、旧道コースを登る。
 大石ノ沼には40分で到着。いつ来ても静かなところである。
 道は登る人が少ないせいか、笹がかぶさっておりあまり快適とはいいがたい。
 山頂に着くころには、蒸し暑くて汗びっしょりになった。
 展望はガスのため、弥五兵衛岳くらいしか見えないが残念だ。
 いつもの記念写真を撮ったあと、ブナ林を眺めながらゆっくりと下る。
 腰のリハビリにちょうどいい山行だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2008

函館山 08年8月23日 単独

 3週前痛めた腰のリハビリに、いつもの函館山に行ってきた。
011
010
001
002
007
009
本日は曇りで風が強い。リハビリを兼ねて、自宅から自転車で往復した。
 コースはいつもの七曲コース~旧道~宮の森コースで、約1時間半だった。
 函館山は花が多く、今回も20種以上の花を楽しんだ。
 密かに花の名山ではないかと感じている。

最近貧困に関する本を二冊読んだ。
 「貧困大国ニッポン」宝島社新書と「ルポ貧困大国アメリカ」岩波新書である。
 どちらも実例に基づいた内容で、驚きを禁じえなかった。
 日本も格差どころか貧困大国にされてしまったとつくづく感じる。
 今後もできることをしていきたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2008

知床の山遠望 

 見慣れない方向から知床の山を眺めてきた。
               知西別岳と遠音別岳
006
                   羅臼岳
007
                   硫黄山
017
               知床岳近くの無名峰
023
             雲に隠れているのが、知床岳
027
            羅臼から国後島の羅臼山を望む
056
 知床の山は、春の羅臼岳しか登っていない。
 今回は下から眺めるだけであったが、近いうちにぜひ登ってみたいものである。
 羅臼の展望台から国後島がすぐ近くに見える。
 望遠鏡をのぞくと木が1本1本確認できたのには驚いた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2008

暑中お見舞い申し上げます

 暑い日が続きますね。こういうときは、涼しいヒマラヤの写真を見ながら一服しましょう。写真は朝焼けのラカポシとディランです。
Span2
こちら函館でも一番暑い季節となっています。ただ周囲を海に囲まれているためか、気温はそう上がらず今年は28度が最高気温です。皆さんのところはいかがでしょうか。
 それでは、涼しい写真をもう少し貼っておきます。
                  羅臼岳
069       ピリカヌプリ
Pirika1
       大千軒岳
029

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2008

袴腰岳~横津縦走 08年7月27日 単独

 午後から時間がとれたので、近郊の縦走に行ってきた。
007
010
015
012
021
017_2
027
1時15分アメダスの登山口出発。2時20分三角山。3時袴腰岳。4時55分下山。
 今年4回目のコース。30分で入山できるというのは貴重である。
 好天の中花も多く、楽しい登りだった。
 膝を痛めてからあまり時間を意識したことはないが、まずまずのタイム。
 袴腰からは一段と花が増え、特に湿原のアヤメは見事だった。
 やはりすぐ近くに山があるというのはいいものだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »