« April 2008 | Main | June 2008 »

May 26, 2008

伊達紋別岳と洞爺湖マラソン 08年5月24日 単独

 伊達紋別岳を登った後、洞爺湖でランナーズ9の会の応援をしてきた。
          前紋別岳付近から見た紋別岳
037
        シラネアオイの丘を越え紋別岳に近づく
043
044
               前紋別岳を振り返る
048
                ユキワリコザクラ
028
                 フデリンドウ
050
 洞爺湖マラソン応援のついでに登ってみた。10時40分登山口出発。11時35分いっぷく広場。12時30分山頂。2時20分下山。
前半はガスと雨、みはらし平あたりから晴れてくる。山頂からはかすかに有珠山が確認できるくらいで、洞爺湖や羊蹄山などの展望は得られず残念だった。
 道はよく整備されており、花も多く、市民登山にうってつけだと感じた。
009
013
022
032
 登山中出会った花々
001
007
008
010
011
018
020
021
ミヤマアズマギク
031
033
036
     チシマヤマザクラ
042
052
055

 


 25日洞爺湖マラソンで「ランナーズ9の会」の応援をしてきた。
 フルマラソンに7人、10kmに7人、5kmに2人である。遠く関西から7人も駆けつけてくれた。
 当日は断続的に雨が降り気温も低かったが、メンバーの熱い走りに感動した。
              13km地点に近づく先頭2人
061
              30km地点を通過するKさん
078
              ゴール直前を力走する9ちゃんとYさん
080
              レース終了後の交流会にて
085
 結果は全員完走でき、、「平和」を大いにアピールできたのではないかと思う。なかでも、Yさんは9の会ののぼりを掲げてフルマラソンを完走した。ただでさえ厳しい条件のなか、これにはまったく脱帽した。
 「ランナーズ9の会」は全国の大会にユニホーム(陸連公認)を着て参加しています。
 関心のある方はご一報をお願いします。
064
071
075
081

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2008

昆布岳 08年5月10日 単独

 2週後に迫った洞爺湖マラソンの下見を兼ねて、昆布岳に行ってきた。
008
             メガネ岩から見た昆布岳
010
            九合目付近から見上げる山頂
013
                  西昆布岳
012
020
             山頂から来た道を見下ろす
018
9時55分登山口出発。10時50分メガネ岩。12時5分山頂。2時下山。
まだ登っていなかった昆布岳へ。整備された登山道をたどる。五合目から所々雪が残っていた。
 山頂からは羊蹄、ニセコはもとより、オロフレ、ホロホロ、徳舜瞥山、西には幌内山とその奥に狩場山、南には駒ヶ岳まで見えた。
 001
005
006
007
メガネ岩
011
        山頂直下
016
        尻別岳 
017
        西昆布岳
021
      幌内山と狩場山
022
        幌別岳
023
      雷電山と目国内岳
025
 ニセコアンヌプリからチセヌプリ
024
026
 洞爺湖マラソンスタート地点と奥にサミット会場のホテルが見える
029

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2008

道南の秘峰 ⅩⅠ

 久々に道南の秘峰を紹介したい。
005
002
P1010096
P1010113
067
034

上左:松前町 神山(735m) 国道228号線から見た。原口から長大な尾根をつめるしかなさそう。雪が少ない地域なので、登山時期は厳冬期になるであろう。
上右:松前町 笹山(583.3m) 同じく国道からの写真。標高が低いわりに目立つ山である。大千軒からもはっきりと指摘できる。古い地形図には山頂近くまで点線がついていた・・・。
中左:知内町 燈明岳(931m) 大千軒岳の隣りの山。春に残雪を利用して登る。どうしても大千軒に目がいってしまうが、なかなか立派な山である。今春狙うも雪が少なく断念。
中右:上ノ国町 黄金山(875m) 写真で正面の三角形の山。まったく登ったという話しを聞いたことがない。石崎川の下流の林道沿いにゲートがあるため、近づくだけでもかなりの困難を伴う。
下左:島牧村 神威山(780.4m) 中央の白くて平坦に見える山。長時間の林道歩きがいやでなければ、藪こぎもまじえて登れる。狩場山から大平山まで360度の展望が楽しみ。
下右:島牧村 1012.8m峰 狩場山の東、メップ岳の北にある山。まったく注目されていない山。もちろん記録も未見。写真のようにどっしりした登高欲をかきたてる山容である。

いずれもまだ登っていない。来シーズンの課題である。


ここでご案内があります。(クリックしてください)
Nakamurakou
6月2日、上記要領で講演会があります。
中村医師には、私がペシャワールで勉強させてもらった際、たいへんお世話になりました。
20年以上アフガニスタン、パキスタンの人々のため活動を続けています。
ぜひ参加をお勧めします。
チケットが売り切れる可能性がありますので、お早めにお求めください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »