« March 2008 | Main | May 2008 »

April 29, 2008

大千軒岳(銀座の沢から) 08年4月29日 同行Sさん

 以前から一度行ってみたかった銀座の沢から、大千軒岳に行ってきた。
               前千軒岳と袴腰岳
P1010082
                銀座の沢下部
P1010091
                中部の雪渓を登る
P1010094
             背景に知内の山々が見えてきた
P1010099
                 頂上をめざして
P1010100
               迫力ある大千軒岳
P1010102
                 山頂直下
P1010104
P1010107
                前千軒岳を望む
P1010111
               千軒平から振り返る
P1010115
                エゾエンゴサク
P1010116
オオサクラソウ
P1010119
            ふもとから大千軒連峰を望む
P1010122
 5時35分出発。6時登山口。8時金山番所。10時20分山頂。3時5分下山。
 同行していただいたSaさん、Suさんに感謝。
   知内川を渡渉する
P1010084
     金山番所
P1010086
     キレット沢
P1010089
    銀座の沢出合
P1010090
P1010093
     燈明岳
P1010096
    袴腰岳と牛岳
P1010097
    馬岳と燈明岳
P1010098
P1010108
  八兵衛岳と笹山
P1010109
P1010110
  木無山方面
P1010112
  黄金山と大岳
P1010113
P1010092
P1010083
P1010120
P1010117
P1010121

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 27, 2008

道南 貧乏山(501m)と楢山(592m) 08年4月26日 単独

 日本広しといえども、貧乏山という山はここだけだろう。今回はじめて貧乏山を制覇し、ついでに隣りの楢山も登ってきた。
                 貧乏山
 010
                 楢山
012
            貧乏山への道から楢山を望む
009
002
                楢山山頂
003
           楢山への道から見た貧乏山
005
           横津岳方面をバックに貧乏山山頂
007
011
 9時35分かりま川沿いの林道ゲート出発。10時15分楢山。11時30分貧乏山。12時35分最終集落下山。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2008

道南 大岳から赤岳 08年4月20日 同行Tさん、Uさん

 道南の秘峰2山をつないで、登ってきた。
                  大岳と赤岳
P1010607
                    大岳
P1010609
                   山頂直下
P1010626
                   大岳山頂
P1010628
                  赤岳を望む
P1010634
                  赤岳に近づく
P1010640
                   赤岳山頂
P1010642
               赤岳から見た七ツ岳
P1010648
               大岳を振り返る
P1010653
           藪こぎの苦労も忘れる春の花
P1010655_2
              大千軒岳遠望
P1010665
 昨年夏両山に登ったsakagさんの記録を参考に、上ノ国町小森から石崎に抜ける道をアプローチとして利用することにした。
 大平山、大安在と順調に林道を進む。途中大岳から赤岳までのパノラマが広がりファイトがわく。
 なんとか大岳へ向かう林道分岐の手前まで車で入れた。
P1010610
 7時出発。約10分で分岐着。道は、所々雪が残っている状態である。
 611mピークを回り込むように林道が延びている。
P1010619
 南には黄金山につづく山なみが見えてきた。
 8時15分標高650m地点で小休止。この地点より雪渓をつめることにした。
 大岳から北西におりている尾根に出る。
P1010680
 眼下には厚志内川源流の雪崩のあとがなまなましい。
 頂上稜線に出た後、少し藪を漕いだら山頂だった。9時10分。
P1010667
P1010672
 見慣れない大千軒の姿が新鮮だ。
P1010674
 ピラミダルな七ツ岳も見える。
P1010662
 めざす赤岳方面の稜線はかなり切れていて、その先に台形の姿が確認できた。
 いよいよピストンに出発である。
P1010633
 次の750mピークを過ぎたところで、Uさんが肩の不調のため休んで待っているという。
 残念であるが、Kさんと2人で藪を降りていく。
 1箇所根曲がり竹の密藪があり、突破に苦労した。
 鞍部まで下って一呼吸おく。
P1010649
 ここからは、747m峰を登らず雪に覆われた北面の沢をトラバースすることにする。
P1010636
P1010638
 雪渓から雪原となり、快調に進む。
 赤岳から西の頂稜に出ると、一投足で山頂だった。10時40分。
P1010643
 昨年登った大赤岳、その手前にはここより高い749m峰と730m峰が見える。
 北には元山から八幡岳の峰々、下ノ沢山が望めた。
 携帯でUさんに登頂を報告する。
 二度と来られないであろう赤岳からの展望を十分楽しんだ。
 帰りは来た道を忠実にもどる。
P1010656
 例の笹曲がり地帯では再度苦しめられるが、その分カタクリやキクザキイチゲが咲いていて慰められる。
P1010668
 0時15分大岳帰着。
P1010681
 あとは下山である。木無山を眼下にのんびりと降りていく。
 2時車地点帰着。

 めったに登る人がいないであろう2山に登れ、大満足の山行であった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2008

道南 大平山から長万部岳縦走 08年4月6日 単独

 以前から気になっていたコースを、好天に恵まれ縦走した。
             1109mピークを見上げる
021_2
             大斜面をトラバースする
038
          1109mピークから山頂につづく稜線
049
      1109mピークを振り返る 奥はメップ岳とカスベ岳
052
          大平山から狩場山を見る
069
       大平山南のピークから遠く長万部岳を望む
084
           大平山方面を振り返る
100
            大平山をバックに
120
          1021m峰とカニカン岳
135
         長万部岳が近くなってきた
116
164
 「とっておき 北海道の山」という本をご存知だろうか。
 この本に、大平山から長万部岳まで、1泊2日でスキー縦走した記録が載っている。
 いつかはやってみたいと考えていたところ、絶好の好天予報に今回実行することにした。
 5時30分宮内温泉出発。
 北尾根は、下部の雪が消えてしまい登れず。夏道コースをとることにする。
 泊川沿いの林道を約1kmでゲート。あと4kmだ。
 道に雪はほとんどなく、単調な舗装道をのんびり歩いていく。
006
 谷の奥には、1000m近い山も見えてきてファイトがわく。
 1時間で河鹿トンネル入り口着。このトンネルは1km以上あって、ヘッドライトをつけて進むことになる。
009
 トンネルを出て沼ノ沢を渡ると、登山口。7時である。
 トドマツ林の中で、雪のため登山道がはっきりしなくなる。
 仕方がないので左側に見える沢を詰めて行くことにした。
 雪はくるぶしが埋まる程度で、まずまずの状態である。
 入り口に1箇所デブリがあり、上部に注意を払いながら通過。
011
 あとはほどよい傾斜の沢を登って行く。
014
 しばらくするとヒグマの足跡に遭遇する。かなり大きい。
 この沢は810mピークまでまっすぐ突き上げており、実は非常に効率の良いルートである。
016
 対岸に700m台の山々を望みがら高度を上げる。
018
 ピークの手前で、カスベ岳や1092m峰が見えてきた。すごい。
025
024
 9時807m峰到着。標高差700mを2時間かかって登ったことになる。
 ここから見上げる1109m峰は迫力がある。
 尾根通しでも行けないことはないが、南側の大斜面に出たほうが快適そうだ。
037
 鞍部まで降りて、トラバースにかかる。
079
 途中土が出ているところで、大平山名物平らなカタツムリの殻を見つけた。
 すぐにクレバス帯に入るも難なく乗越す。
040
 いよいよ大斜面である。傾斜はそれほどでもなく、快調に登って行く。
 久しぶりにスケールの大きい登山を楽しめた。
041
045
 南尾根に突き当たり、あとは忠実に尾根をたどる。
 10時15分頂に出る。ようやく大平山に対面できた。
 西には狩場山からフモンナイの山々が真っ白である。
048
 いったん細い尾根を下って、登りに入る。
073
 振り返ってみると、1109mピークが険しく聳え立っていた。
055
 東へ向かう尾根と合流すると山頂まで一投足である。
 10時40分登頂。5時間10分かかったことになる。
 長万部岳がはるかに遠い。
066
 南には1021m峰とカニカン岳。
 南西にはメップ岳も確認できた。
057
 冬に北尾根から登ってみたいものである。
078
 山頂でいつもの記念写真を撮る。いくら急いでいてもこれだけは削れない。
 先が長いので、ゆっくり休んではいられず、縦走に踏み出す。
088
 しばらく東に稜線をたどり、つづいて一気に200m近く急降下する。
 上からは平坦に見えた稜線も、下ってみるとけっこうアップダウンがある。
092
 1026mピークを越え、町界をめざす。
102
 この辺で足でも痛めたら大変なことになるのは重重承知だ。慎重にゆっくり歩きを続ける。
111
 0時20分941mピーク着。後志利別川の源頭が緩やかな曲線を描いてひろがっている。
 この景色を見るためだけでも来たかいがあったと思う。
 1019m峰の登りが意外にきつい。
143
 徐々に長万部岳が近くなってくるのがうれしい。
 848mピークを越えたら、夏道に合流した。
151
 昨日登ったらしい単独の人の足跡がある。
 休まず、ザックを置いてピストンにでる。
 トレースをありがたく拝借させていただく。
152
153
 空身なのでペースが上がる。
 3時25分登頂。
 展望はすばらしく、360度遮るものがない。
157
158
 対岸の1021m峰がなんといっても目立つ。
154
東にはピリカ丸山や黒松内岳を望める。
165
 大平山はというと、ずいぶん遠くなったものである。
 時間がないので写真だけ撮って、鞍部まで引き返す。
 水分とチョコで気合いを入れ、下山に入る。
 過去何度か登った道なので、気楽である。
169

 4時半うすゆき荘通過。
 5時半二股ラジウム温泉に到着した。

 遊楽部につづき、未知の稜線を縦走でき大満足の山行だった。
  
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2008

函館山 08年3月30日 単独

 花が咲いたという情報を得て、函館山に行ってきた。
P3300403
P3300404
P3300406
P3300409
P3300414
P3300416
P3300418
 立待岬から千畳敷に登り旧道を下山.。つづいて、宮の森コースで花を見てきた。合計1時間40分。
時間があったので、谷地頭温泉で汗を流し帰宅した。市内にこれだけのものがあるというのはすごいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »