« February 2008 | Main | April 2008 »

March 22, 2008

太櫓山~遊楽部岳~冷水岳縦走 08年3月22日 単独

 3回目の挑戦で太櫓山から遊楽部岳のルートを完登し、つづいて冷水岳まで縦走した。
             朝日を浴びる遊楽部岳
021
             尖峰 臼別岳
014
            太櫓山から見た遊楽部岳
037
            中央が遊楽部、奥が臼別
069
              遊楽部に向かう
103
             太櫓山と奥に狩場山
083
          ペンケ岳と岩子岳を見おろす
066
             山頂から旧山頂を見る
119
             旧山頂からの臼別岳
123
             白水岳連峰を望む
137
            奥冷水岳と冷水岳
183
            遊楽部岳をバックに
182_2
           奥冷水岳山頂直下の登り
201_2
            白水岳連峰
203_2
           迫力ある冷水岳
202_2
           冷水岳から遊楽部を望む
215
 5時5分出発。5時45分尾根取り付き。7時35分太櫓山。9時10分1130m三叉路。10時50分遊楽部岳。
0時10分見市分岐。2時10分冷水岳。4時40分下山。
 過去2回悪天候のため途中で引き返したコースである。
006
 まだ薄暗いうちに太櫓川右岸、車道がヘヤピンカーブするところより出発。
 例年より約1ヶ月雪解けが早いようだ。
 これまで使っていた720m地点で分水嶺に合流する尾根を通り過ぎ、372m地点の先の尾根を登ってみることにした。
008
 朝日が山々にあたりだし、神々しいくらいである。
 尾根はというと、予想より急で時々四足にならなくてはならないほどである。
 雪はかた雪で、ツボ足でももぐらないのが幸いである。
 遊楽部や臼別がすごいスケールだ。
017
 振り返ると狩場山から大平山、長万部岳までの山々がくっきりと見える。
029
 1000m地点で、分水嶺と合流。さすがに積雪が増えてきた。
031
 下から2時間半で太櫓山着。正面には遊楽部がすごい迫力だ。
024
   臼別岳
041
 北にはニセコから羊蹄、室蘭近郊の山々まで確認できる。
039
038
 前回撤退した1130m三叉路とそれに続く本峰までの稜線がはっきりと見え、ファイトがわいてくる。
050
 ここより200m下って鞍部へ。見上げる946mピークが険しい。
 頂上まで登らず西側をトラバースする。次のピークも東側を捲く。このあたりが昨年来ている強みである。
 さていよいよ1130mピークの急斜面である。
056
052
 部分的に40度近い傾斜があり、ジグザグに登って行く。
 一部硬い雪面もあり、慎重に足を運ぶ。
061
 9時10分三叉路着。昨年はこれより先まったく視界が利かず、敗退した場所である。
 南側の展望が開けた。中でも道南のマッターホルンこと岩子岳と、どっしりしたペンケ岳がすばらしい。ペンケ岳への稜線は雪庇がズタズタになっており、厳しそうだ。
076
 雄鉾岳、三角山、砂蘭部岳、遠くは駒ヶ岳までなど懐かしい山々が一望である。
 めざす遊楽部はまだ遠い。
070
 1173mピークは頂まで登らず北側をトラバース。
093
 いったん下って、1193mピークの上りに入る。
096
109
 ここでなんと数日前と思われるクマの足跡に出くわす。この時期ここまで来ているとは。
 クマにとっても今期初登頂であろう。クマに先を越されたが、気を取り直して登りを再開。
 1193mピークは気持ちのいいところだ。
 セルフタイマーで歩いている姿を撮ってみる。
110
 ついに5時間45分かかって登頂す。やはり感慨深いものがある。頂上にあるはずの標識は見あたらず。
 微風、快晴、それにこの展望。写真を取りまくる。
 遊楽部岳
122
 毛無山
131
 最高点はもう少し先なので、そこまで歩いて休憩とする。
 冷水岳
087
 白水岳
137
 白水岳連峰、秀麗な冷水岳、遠く乙部岳や大千軒まで望めた。目を海の方に転ずると、意外に大きい奥尻島、それに渡島大島の姿も。
121
 札幌近郊の山から大千軒まで、年に1回あるかないかの展望に感謝した。
予定通り縦走に踏み出す。南斜面で時折埋まるが、ワカンをつけるほどではない。
155
 大スロープをのんびり下っていくのは本当に快適である。
157
 順調に見市分岐通過。これで登山道のない部分がつながったことになる。
 振り返ると遊楽部と臼別が巨大である。
174
 1082mの熊石岳で小休止。周囲がすべて山また山で奥深いところだ。
186
197
 いったん下って奥冷水の登りにかかる。標高差で240mもあり、疲れてきた体にきついものがある。
 一歩一歩踏みしめながら、登りきる。遊楽部岳の全貌が広がる。
 ここで再び、セルフタイマーで登る姿を撮ってみる。
 先があるので、短時間で腰をあげる。
 いよいよ冷水岳の登りだ。
209
 気分のよい雪稜をたどって、2時10分登頂す。
221
 対岸の白水岳連峰、南には毛無山や焼山、スルカイ岳と918m峰、道南の秘峰が一望のもとである。
211
210
 夏道のある尾根を見下ろす。それにしても険しいルートだと思う。
 ここからは南東にのびる尾根をたどる。
 熊石毛無山
234
 奥が乙部岳
243
 前方に雄鉾岳を眺めながら順調におりていく。
245
239
 何度も枝尾根が分かれていて、入り込まないよう注意する。
247
 標高470m地点で、藪のため視界がきかず、ルートをはずしてしまう。
 国道までまっすぐ下る尾根である。
 たいした距離でもないので、そのまま降りることにした。
 ほどなく雪が消え(これは誤算だった)、急な藪尾根となる。
 ここまで来てけがをするのはいやなので、慎重に藪を伝っていく。
 しばらくがんばると右側に沢が入り、こちらに移る。
 しばらく沢沿いに歩き、滝が出てこないうちに右手の植林地に上がる。
 あとはまっすぐ下り、4時40分国道着。1時間以上藪をこいでいたことになる。
 最後の最後に核心部が待っていたようだ。
 時間もあるので、温泉で汗を流して帰函した。

 久々に充実した縦走ができ、大満足の山行であった。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2008

道南 北斗市 696.3m峰 08年3月20日 単独

 函館から見ると毛無山の左にどっしりとした山があるのにき気づく。以前から狙っていたこの山に行ってきた。
              対岸の623m峰を見る
P3200129
                この上が山頂
P3200133
                毛無山方面を望む
P3200137
              奥が以前登った570m峰
P3200138
           山頂から南東にのびる尾根をバックに
P3200146
              登山口を見おろす
P3200148
 中山で大野川を渡り、上川汲沢川沿いに除雪された舗装道を1kmほど車で入ることができた。
 7時10分出発。尾根がはっきりせず、見通しもきかないので枝沢をに沿って進む。
P3200149
P3200125
 ほどなく植林地が現われ、上部の尾根も見えてきた。
 雪は10cmくらい沈むが、ツボ足で大丈夫である。
 35度くらいの急斜面を越えると、約1時間で491mピークのすぐ先に出た。
 対岸の623mピークが大きい。
 名前もないこの山に登る人はまずいないだろうと考えていたが、しばらく前のワカンの跡があり驚く。
 雪もしまってきて登高のペースが上がってくる。
 8時45分登頂。
 ガスが出てきて、遠望はきかない。
 南の570m峰、桂岳、袴腰、雷電などがうっすらと確認できるくらいである。
 山頂から先にどう見てもここより高い山がある。地図でも700mは越えている。
 その先の展望も見たいので、足をのばす。
 苦もなく登頂。残念ながら毛無山方面は上部が隠れたままである。
 696mピークまでもどって小休止することにした。
 が朗鉱山が近いので、作業の音が聞こえてくる。
 以前鉱山から570mピークに登ったときのことを思い出した。
 寒いので長居はできず。下山にかかる。
 登りのトレースをたどり、10時10分舗装道に到着した。

 懸案をひとつ解決でき満足した山行だった。


20日はイラク戦争がはじまってから5年目となる。
 市内で行われた街頭宣伝に参加してきた。
 4年前は函館でも600人規模の集会が開けたが、今回は我々だけである。
 風化が著しいということだろう。
  庭に咲いた福寿草
003

 さて、この5年間でイラク人死者は100万人、米軍兵士の死者も4000人といわれている。
 イラク戦争には日本も加担しているので、責任は重大である。
 戦争開始前、イラク国内の日常生活を扱ったビデオを見たことがある。遊園地で楽しく遊ぶ親子が写っていたが、こういう生活は2度ともどってこないのではないか。劣化ウランの汚染も含め、イラクをメチャメチャにしておいて何が復興かと思う。
 アフガニスタンしかり、パレスチナしかり。
 個人の力は微力であるが、できることをしていきたいものである。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2008

函館市の最高峰 袴腰岳(1108.3m) 08年3月16日 同行Tさん

 この時期なかなか登頂が難しい袴腰岳に、除雪された林道を利用してあっさり登ってきた。
          烏帽子岳(1078m)を望む
P3160105
             袴腰岳を正面に見る
P3160109
         このアングルからの袴腰は新鮮だ
P3160114
              山頂直下の急斜面
P3160115
                山頂にて
P3160118
              庄司山と奥に函館山
P3160121
 林道終点7時15分出発。8時30分山頂。9時30分下山。
この時期新中野ダムより先は除雪されていないので、往復9時間を覚悟して出かけた。
ダムに着くもきれいに除雪が入っている。夏のゲートを越え、アメダスの登山口もOK。北上してきた林道が東へ向きを変えた標高620m地点まで車で登ることができた。付近は伐採された木の集材所となっている。
P3160101
P3160102
 ワカンで出発。スノーモービルのトレースがあり、これを利用するとあまり沈まず助かる。
P3160103
 北には真っ白な袴腰岳と烏帽子岳が見える。振り返ると雁皮山が秀麗だ。
 東には夏道のある三角山も確認できる。
P3160111
 緩やかで展望のよい尾根は快適である。
 上部に行くに従い、ガスが出てきた。
 スノーモービルのあとと別れ、山頂目指して直登コースをとる。
 傾斜は徐々に増し、最後はかなりの急斜面となる。
 山頂のわずか西に出て、登頂す。下から1時間15分だった。
 残念ながら展望はきかず。寒いのであまりゆっくりはできないが、それでもこの時期登れたことに満足した気分になる。
 下りはスリップしないよう気をつけて降りる。
P3160120
 徐々にガスが晴れ、庄司山、函館山を見ながらのんびりと下る。
 約50分で車地点着。

 短時間であったが、新しいコースから登ることができ有意義な山行だったと思う。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2008

道南 長山(580.5m) 08年3月8日 同行Sさん

 知内町の不遇な山、長山に行ってきた。
011
               南から見た馬岳
010
017_2
                  山頂に迫る
032
038
                 大千軒と前千軒
042
 5時15分湯の里林道入り口出発。7時30分林道終点。10時20分山頂。11時40分林道終点。1時50分下山。
 まだ暗いうちにヘッドランプをつけて出発。湯の元橋を渡り、ツラツラ川添いの林道をたどる。
009_2
 西に燈明岳、馬岳、牛岳、奥には七ツ岳も見える。林道奥には急峻な丸岳が大きい。
 2時間15分かかって母沢分岐着。馬岳がとても600m台の山とは思えない迫力だ。
 ここでSさんはスキーをデポ。私もスノーシューからワカンにかえる。
053
 小股沢に入り、丸岳と長山のコルにくいこむ沢出合をめざす。
 沢は意外に複雑で険しく、長山に突き上げる尾根に早めに取りつくことにした。
 雪はまったく締まっておらず、膝上のラッセルとなる。
013
022

 しばらく直登するも、途中あまりに急なため長山東尾根にトラバースすることにした。
 東尾根に出ると雪はようやく締まってきて、ペースが上がる。
026

 地図で見るとおり両側とも切れ落ちているので、油断できない稜線だ。
025

 南には岩部岳から奥丸山の稜線が望める。
 やっと山頂に着いたとザックを下ろした。写真を撮るため少し降りてみたら、その先に高いピークが見える。
041
 疲れた体に鞭打って、真の頂に登頂す。5時間以上かかったことになる。
043
031
 大千軒から前千軒までの稜線はまだまだ冬山の様相だ。袴腰から松倉山への稜線も確認できる。1年前縦走した時の苦労を思い出した。
051
 10分ほど休んで、引き返す。本当はもっとゆっくりしたいところだったが、仕事があるのでそうもいかず。
052
 急な下りでつまずかないよう気をつけながら下山する。
 登りであんなに苦労したところを約1時間で林道までもどる。
063
057
 あとは単調で長い林道を2時間以上かかってもどった。

 知内の鋭鋒に登れ十分満足した山行だった。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2008

夏の日高縦走 

   1839m峰をバックに
01
   霧の稜線
Hida4
   カムエクに近づく
02
   霧が晴れてきた
03
 若い頃、友人と2人で夏の日高を縦走した。千呂露川からヌカビラ岳に登り、幌尻岳に登頂。いったん新冠川に降りて、エサオマンに上がる。あとはカムエク経由で稜線をコイカクまでであった。
 道がない稜線をハイマツをこぎながら歩いたこと、スケールの大きい幌尻岳やカムエクの鋭峰に驚き、くたくたになってコイカクの天場に着いたことなど、非常に思い出深い山行だった。
 奥深い日高を満喫した4日間だった。
 膝を痛めた現在同じようなことはできないが、人の少ない静かな山の登山を続けていきたいものである。

Riha01
「わたしのリハビリ闘争」 多田富雄著 青土社 を読んだ。
 06年4月厚労省の診療報酬改定により、リハビリ医療について大幅な打ち切り政策が実施された。
 当時新聞に掲載された多田氏の投書を記憶している人も多いと思う。
 氏がいうように、その後も障害者自立支援法や療養病床削減政策などが実施されつつある状況である。
 これで4月から新たに後期高齢者医療制度が導入されたらどうなるか。
 日本の医療は崩壊するであろう。
 恐ろしい限りである。
 イージス艦一隻千四百億円、米軍移転のための思い遣り予算計三兆円。
 私たちが汗水たらして納めた税金の使い道が、誤っていると思いませんか。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »