« 夏の日高縦走  | Main | 函館市の最高峰 袴腰岳(1108.3m) 08年3月16日 同行Tさん »

March 09, 2008

道南 長山(580.5m) 08年3月8日 同行Sさん

 知内町の不遇な山、長山に行ってきた。
011
               南から見た馬岳
010
017_2
                  山頂に迫る
032
038
                 大千軒と前千軒
042
 5時15分湯の里林道入り口出発。7時30分林道終点。10時20分山頂。11時40分林道終点。1時50分下山。
 まだ暗いうちにヘッドランプをつけて出発。湯の元橋を渡り、ツラツラ川添いの林道をたどる。
009_2
 西に燈明岳、馬岳、牛岳、奥には七ツ岳も見える。林道奥には急峻な丸岳が大きい。
 2時間15分かかって母沢分岐着。馬岳がとても600m台の山とは思えない迫力だ。
 ここでSさんはスキーをデポ。私もスノーシューからワカンにかえる。
053
 小股沢に入り、丸岳と長山のコルにくいこむ沢出合をめざす。
 沢は意外に複雑で険しく、長山に突き上げる尾根に早めに取りつくことにした。
 雪はまったく締まっておらず、膝上のラッセルとなる。
013
022

 しばらく直登するも、途中あまりに急なため長山東尾根にトラバースすることにした。
 東尾根に出ると雪はようやく締まってきて、ペースが上がる。
026

 地図で見るとおり両側とも切れ落ちているので、油断できない稜線だ。
025

 南には岩部岳から奥丸山の稜線が望める。
 やっと山頂に着いたとザックを下ろした。写真を撮るため少し降りてみたら、その先に高いピークが見える。
041
 疲れた体に鞭打って、真の頂に登頂す。5時間以上かかったことになる。
043
031
 大千軒から前千軒までの稜線はまだまだ冬山の様相だ。袴腰から松倉山への稜線も確認できる。1年前縦走した時の苦労を思い出した。
051
 10分ほど休んで、引き返す。本当はもっとゆっくりしたいところだったが、仕事があるのでそうもいかず。
052
 急な下りでつまずかないよう気をつけながら下山する。
 登りであんなに苦労したところを約1時間で林道までもどる。
063
057
 あとは単調で長い林道を2時間以上かかってもどった。

 知内の鋭鋒に登れ十分満足した山行だった。
 

|

« 夏の日高縦走  | Main | 函館市の最高峰 袴腰岳(1108.3m) 08年3月16日 同行Tさん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道南 長山(580.5m) 08年3月8日 同行Sさん:

« 夏の日高縦走  | Main | 函館市の最高峰 袴腰岳(1108.3m) 08年3月16日 同行Tさん »