« 道南 北斗市 三角山(605m) 08年1月26日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅹ »

January 29, 2008

道南 八雲町 釜別(784.8m) 08年1月29日 同行Sさん

 1月にしてはまれに見る好天のもと、二等三角点のある釜別に登ってきた。
            厚雲隧道に向かって林道をたどる
004
              640mピークを見上げる
006
007

                 750mピーク
009
                 乙部岳と鍋岳
015
                 乙部岳東面
016
            道南の秘峰 狗神岳をバックに
028
               駒ケ岳をはるかに望む
023_2
以前狗神岳山頂から見た山容が忘れられず、Sさんの同行を得てまったく情報のない784.8m峰をめざした。
001
 山蕗トンネルの八雲側に車をとめる。7時55分出発。
 厚雲隧道に続く林道をたどる。ラッセルはすねくらいだ。
613m峰を振り返る
003
005
 533mピークからのびる尾根を回り込むとようやく目標とする山の一角が見えてきた。
036
 堰堤を2つ越すとやっと尾根の取りつきに出る。9時15分。
 ここからは岩峰状の640mピークまでしか見えない。
 小休止後、尾根に取り付いた。
 ラッセルは膝からももまでとなり、一気に心拍数が上がる。
 まずは植林された傾斜地を登り、つづいて明瞭な尾根をたどった。
 急になるととたんに埋まるので、頻繁にラッセルを交替する。
008
 それにしても先頭と2番手ではまったく天国と地獄である。
 向かいの分水嶺と背後に見えてくる山々の景色が慰めである。
 640mピークはかなり急で、直下は左からまくようにして登る。
652m峰と613m峰につづく稜線を望む
012_2
 腰まで埋まるようなところもあり、稜線に出たときには疲労困憊状態であった。10時55分。
 展望はどんどんひろがり、西には乙部岳や鍋岳がすばらしい。
 北には613m峰が台形の姿を見せている。
 頭上の750mピークめざして、ラッセルを再開する。
014
 高度を上げるごとに新しい山が現われ、元気が出てくる。
     692.2m峰
019
 ついに750mピーク着。乙部岳東面の展望がすごい。砂蘭部岳や野田生岳、遠く遊楽部山塊まで望めた。
 小休止後山頂に向かう。
 途中稜線が細いところもあったが、順調に登頂することができた。12時。
025
026
 目の前には道南の秘峰狗神岳が懐かしい。
       下俄郎
018_2

020
 南には下俄郎が険しく見え、その左に設計山と雷電山が同定できた。
030
 東には819m峰とその奥に真っ白な駒ケ岳が秀麗である。
 今日は気温が上がり風もない好条件で、ひだまりランチを楽しめたくらいである。
 冬山でこれだけのんびりできたのは、本当に久々である。
    小鉾岳と奥に遊楽部山塊
022
  鍋岳から砂蘭部岳までの展望
021
 12時40分下山を開始する。
   613m峰と590m峰
031
032
 下りは足を引っかけて転倒しないようにゆっくりと降りていく。
 尾根の取り付きには50分で到着。
 あとは踏み固められた林道を順調にたどり、車には2時20分帰着した。
   乙部岳と鍋岳を振り返る
038

 Sさんの同行を得て、展望の山に登頂でき大満足の山行だった。

|

« 道南 北斗市 三角山(605m) 08年1月26日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅹ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道南 八雲町 釜別(784.8m) 08年1月29日 同行Sさん:

« 道南 北斗市 三角山(605m) 08年1月26日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅹ »