« 道南 熊石 毛無山(720m) 07年12月21日 同行Sさん | Main | 道南の秘峰 写真展のご案内 »

December 23, 2007

道南 開墾山試登 07年12月22日 同行Tさん

 以前から気になっていた開墾山にアタックしたが、急なリッジに阻まれ頂上の70mくらい下で撤退してきた。
Pc220239
                相沼内川を渡る
Pc220205
                 焼山
Pc220208
       開墾山 中央の白い部分の中間くらいまで登った
Pc220210
                  沖沢山
Pc220212 
                  918m峰
Pc220214
               リュックデポ地点にて
Pc220223
                 スルカイ岳
Pc220230
10時出発。11時15分570mピーク。12時30分最高到達点。2時10分下山。
 昨日毛無山に一緒に登ったSさんの無雪期の記録を参考に試みた。
Pc220202
 相沼内ダムの先、323mピークの近くまで除雪されていた。
 積雪は30cmくらいありさっそくワカンをつける。
 心配した相沼内川は伏流しているのか、難なく渡ることができた。
 川原を少し進み、適当に斜面に取り付く。
Pc220209
 雪の踏み抜きが多く、予想以上に手間取る。
 尾根に出ると対岸のどっしりした焼山に目を見張った。470mピークで方向を変え、再び急な登りとなる。
Pc220218
 南西にはスルカイ岳とそれより立派な918m峰、東には難峰沖沢山が聳えている。
 やっと570mピークだ。
 ここから見上げる開墾山はものすごい迫力で、とても登れそうには見えない。
Pc220221
 いったん鞍部まで降りて、次のピークまで上がる。
 この先はリュックを担いではとても登れそうにないので、空身で行く。
 両側が徐々に切れてくる。
 尾根は鋭いリッジ状となり、傾斜はさらに急となる。
 これまで頼りにしてきた立ち木や笹も雪の下だ。
 あと70mくらいだろうか。
 一瞬迷ったが、なんとか登ったとしても下りは危険である。
 今回はこの地点で撤退とした。
Pc220226
 リュックをデポした地点にもどるころには風雪模様となる。
Pc220227
 下りはやはり楽だ。
 川原に降りる頃には天候も回復し、開墾山を何度も振り返りながら下山した。
 道南でもまだまだ探検気分を味わえる登山が可能と、再認識した山行だった。

|

« 道南 熊石 毛無山(720m) 07年12月21日 同行Sさん | Main | 道南の秘峰 写真展のご案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/17450541

Listed below are links to weblogs that reference 道南 開墾山試登 07年12月22日 同行Tさん:

« 道南 熊石 毛無山(720m) 07年12月21日 同行Sさん | Main | 道南の秘峰 写真展のご案内 »