« October 2007 | Main | December 2007 »

November 23, 2007

新雪の庄司山(570m) 07年11月23日 単独

 先日来の寒波で山は真っ白になった。手軽に登れる庄司山に行ってきた。
                  林道から庄司山を望む
001
                  庄司山に近づく
003
                  秋の名残り
004
            道内の山には珍しい鳥居のある山頂
009
                雁皮山を望む
008
              遠くに函館山が見える
013
 12時20分林道出発。2時10分山頂。3時30分下山。
 晴れてきたので午後からでも登れる近郊の庄司山に行ってきた。
 積雪は深いところで10~15cm。
 登る人が少ないせいか、ところどころ藪がかぶっている。
 登るごとに展望が広がり、雁皮山から蝦夷松山、函館市街、当別丸山、桂岳、横津など近郊の山々を望めた。
 まだ膝の調子はいまひとつであるが、少しづつ登っていきたいものである。


Hinnkonn
「貧困襲来」湯浅誠著 山吹書店 を読んだ。
若い人がなぜ一生懸命働いても食べていけないのか、なぜ母子家庭の人の生活はこんなに苦しいのか、など漠然と疑問を感じている人は多いと思う。
 わかりやすく、しかも示唆に富む本だと思う。
 ぜひ一読を勧めたい。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2007

道南 当別丸山 07年11月9日 単独

 好天だったので午後から休みをとって、近郊の丸山に行ってきた。
          トラピスト修道院
Pb090040
Pb090042
Pb090047
                 展望台から修道院をみおろす
Pb090050
                 西から函館山を望む
Pb090051
 2時45分登山口出発。
 トラピスト修道院の脇を入っていくと駐車場があり、ここが登山口となっている。
 しばらくは牧場横を歩き、杉の植林帯に入る。ルルドの聖母像を過ぎ本格的な登りとなるも、肌寒いせいか汗も出てこない。
 中腹はブナ林となり、気持ちが良い道である。
 高度を上げるに従い展望が広がり、津軽海峡をはさんで青森の山や大千軒も見えてきた。
 3時25分山頂着。
 予想より早く着いたので、日没が気になるが腰を下ろして休憩をとる。
 立ち木に隠れて桂岳方面の展望がないのが、残念である。
 下りは展望台に寄って、ゆっくりと膝に負担がかからないよう降り、4時半登山口に帰着した。
P2100184

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2007

七飯岳(779m) 07年11月4日 単独

 好天に誘われ、近郊の七飯岳に行ってきた。
Pb040023
               函館山を遠くに望む
Pb040026
Pb040032
Pb040027
                駒ヶ岳をバックに
Pb040038
七飯岳に登るのは3度目である。1回目は冬に横津から縦走、2回目はこれも冬にゲートから登った。
 今日は時間もないので、城岱牧場の展望台の先から登ることにする。
 2時出発。2時50分登頂。3時50分下山。
 牛のいない牧場を1人で歩くのは気持ちが良かった。
 高度を上げるごとに展望が広がり、山頂では駒ヶ岳をはじめとする360度の展望を楽しんだ。
 紅葉の名残を惜しむことができた山行だった。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »