« July 2007 | Main | September 2007 »

August 25, 2007

道南 袴腰岳(1108m)から烏帽子 07年8月25日 単独

 引き続きリハビリ登山で、函館市の最高峰に行ってきた。
              袴腰岳を見上げる
034
037
              袴腰岳を振り返る
005
041
052
赤川ダムから入山。アメダスの登山口から約2km手前でゲート。10時15分出発。
 10時50分アメダスの登山口着。12時10分三角山。12時50分袴腰岳登頂。2時45分横津岳のゲート下山。
地元の山、袴腰岳にはかれこれ10回以上登っている。今回は花も多く、静かな山行を楽しめた。
001
008
019
042
014
021
046
048


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2007

スパンティーク遠征Ⅷ 

Spnt1
Spant2
Spant3

 さて、いよいよ単独アタックだ。しばらくゆるい斜面をトラバースしていく。裏側に回りこむと北側の展望が目に飛び込んできた。トレースはあるが、風により消されていてけっこうもぐる。眺望はどんどんひろがり、ハラモシュ、ナンガパルバット、バトゥーラなども望まれる。
 だが、7000m峰はそう甘くはなかった。上部の岩場まであと200mくらいの所(約6800m)から、登るスピードがガクッと落ちてしまったのだ。やっと手前の岩場にたどり着く。最初は10歩つづけて歩いていたが、そのうち5歩で休んで呼吸を整えなければならなくなった。
 ここで雪の急斜面が現れた。ここは1ピッチロープが張られたところだが、今は回収されたあとだ。慎重に越える。
 上部にピークらしきものが見えてきた。トランシーバーで頂上かどうか確認する。いくら一生懸命呼吸しても酸素が入ってこない感じだ。何度も断念しかけるが、トランシーバーの「ゆっくり時間はある」という声に励まされる。
 つづく。


ここでご案内をひとつ。
 きたる9月9日、函館で九条を考えるイベントが開かれます。
 これは、道南九条を考える会が全国に呼びかけたものです。
 お近くの方は、ぜひ参加してみてください。
 なお詳しくは下記のチラシをご覧ください。
Kyuuno

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 20, 2007

道南笹山から八幡岳 07年8月19日 同行Tさん

 春に雨のため断念した八幡岳に行ってきた。
P8190001
P8190002
P8190026
P8190011
P8190019
本日もリハビリ登山である。登山口4時50分発。八幡岳6時25分。下山は8時だった。
 笹山から八幡岳は歩く人が少ないのか、やぶについた朝露でびっしょりになった。
P8190004
P8190006
P8190005
P8190008
P8190012
P8190013
P8190009
P8190010

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2007

知内丸山(665m) 07年8月12日 同行Tさん

 今年新しく登山道が整備された山、知内丸山にTさんと行ってきた。
P8120107
P8120087
P8120098
P8120089
P8120104
 当初松前から林道を入り、大千軒に登るつもりで出かけた。
 及部川607号線を進むと、ほどなくゲートに阻まれる。先週の雨で土砂崩れでもおきたのか。
 仕方がないので、今年道が整備されたという知内丸山に転進する。
 小谷石登山口8時35分出発。
 中ノ沢川を渡り尾根に取り付く。ブナ林の気持ちの良い尾根だ。
P8120085
P8120084
 気温は30度位に上昇するも、ずっと樹林帯なのが有難い。
 標高500mを越えると、展望がよくなる。対岸の矢越岳が立派である。
P8120090
P8120092
 550m地点でゆるい稜線に出る。
 しばらく稜線をたどると、一等三角点、丸山に着いた。10時10分。
P8120101
P8120103
 西に白神岬、津軽海峡をはさんで、津軽半島や下北半島の山々が見えた。
 暑くてゆっくりも休んでおられず。10分で下山にかかる。
 尖山と小谷石の集落を眼下に望みながら、慎重に降りていく。
P8120102
P8120105
 登山口到着は11時35分だった。
 新しい山に登れ、久しぶりに満足感のある山行だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2007

下北の怪峰 縫道石山 07年8月11日 単独

 津軽海峡をはさんでそびえる岩峰に行ってきた。
P8110039
P8110032
P8110020
P8110017
P8110016
特徴ある山容は、函館からも確認できていた。
 朝9時のフェリーに乗り、登山口は11時55分だった。
P8110043
P8110041
 熊よけの鈴と笛を借りることができるようになっており、いいアイデアだと思う。
P8110040
P8110037
 杉の植林地を進み400m近い稜線まで上がると、縫道石山が見えた。
P8110031
 それにしてもすごい岩峰である。どうしてここだけこんな岩山になったのか、不思議である。
 いったん下った鞍部が野平分岐。
 ここからは急登である。道はドンドン急になりそのうち両手も動員しなくてはならなくなる。
 岩壁を右から回り込むようなコースとなっており、意外に危険は少ない。
P8110028
 頂上直下でアブに追いまくられ、ホウホウの体で登頂した。12時55分。
P8110009
P8110012
 展望はすばらしく、津軽半島の山々や北海道、函館山まで望める。
P8110008
P8110023
 天然記念物のオオウラヒダイワタケも確認でき、のんびりと休むことができた。
P8110034
 下山は膝を痛めないようゆっくり降りて、登山口帰着は2時40分。
 青森の山もいいと感じた山行だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 07, 2007

函館山 07年8月5日 単独

 今日もリハビリを兼ねて、函館山に行ってきた。
コースは七曲りから千畳敷、林道経由で旧道下山コース。
 毎回違う花が咲いており、つくづくいい山だと思う。
P8050351
P8050334
P8050339
P8050338
P8050341
P8050344
P8050350
P8050346
P8050347


 さて、下記の「ワーキングプア」ポプラ社 を読んだ。
 一読して想像を絶する現実に驚愕した。決して他人事ではないなと思う。
 15年くらい前まで、1億総中流といわれた時代があった。それが、ここ5,6年で急速に悪くなったと感じる。
 このような事態を招いたのは誰の責任か、よく考えてみる必要がある。
 ぜひ一読を薦めたい。
Waku

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2007

山の名前を当ててください

 ブログ2万件突破記念として、山の名前当てクイズを出します。
見事3山とも正解された方には、粗品を贈呈いたします。
ふるってコメントをお寄せください
   
Nanatudake
Asahi2
Pirika6

 ヒント 上:道南の名峰です。
     中:越後の名峰です。
     下:日高の名峰です。
 それでは、1週間回答をお待ちしております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2007

暑中お見舞い申し上げます

 1年でもっとも暑い季節、涼しい写真をつけてお見舞い申し上げます。
              雪の羅臼岳
069
          山頂から硫黄岳方面を望む
061
さて、本日本州は梅雨明けとか、今年は遅かったですね。
 これからしばらくは暑い日が続くことと思います。
 ここ函館は、海があるためか、そう気温も上がらず(今年27度以上は1日のみ)過ごしております。

 ところで、6日に私も会員である「道南九条を考える会」主催の講演とコンサートがあります。
 特にアレン・ネルソンさんの話は衝撃的ですので、ご来場をお待ちしております。
Aren


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »