« 道南 太櫓山から遊楽部岳試登 07年4月28日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅸ »

April 30, 2007

道南大赤岳(735m) 07年4月29日 同行Uさん

 道南でもほとんど話題にものぼらない不遇な山、大赤岳に行ってきた。同行は大先輩のUさんである。
        七ツ岳から見た大赤岳 右から二つ目の山
044
          大赤岳の北にそびえる666mの岩峰
P4290039
           どっしりした大赤岳  山頂はさらに奥にある
P4290075
             左から大岳と赤岳を望む
P4290049
                もうすぐ山頂
P4290048
             七ツ岳と親岳をバックに
P4290058
P4290077
好天の予報を信じて、上ノ国にある大赤岳に行ってきた。
 以前七ツ岳から見たとき、その真っ白な姿にいつかは登りたいと狙っていた山である。
 七ツ岳に向かう上ノ沢林道をたどる。右股川の出合を過ぎたところでゲート。ちょうど右股川に通じる林道が分かれている地点である。
 8時55分出発。周りに雪はなく、手入れが行き届いた林道をたどる。
 700mくらい歩いて、右股の谷に入る。
 西には大きな山が見え、大赤岳かと思うが初対面なので確信が持てない。
 見下ろす右股川の水量はかなり多く、途中で徒渉でもあったらとても渡れそうもない感じだ。
 上右股川と下右股川の分岐には立派な橋がかかっていた。林道は大赤岳のふもとを絡むように北上している。
P4290036
P4290078
 路傍はキクサキイチゲ、カタクリなどちょっとしたお花畑になっている。
 道は90度向きを変え眺望がきくようになってきた。
P4290037
 下右股川をはさんで対岸に大きな滝が3つほど見える。雪解け水のなせるわざだろう。
 西には666mの岩峰が迫力ある姿を見せている。
P4290038
 標高が400mに近くなると、南側の壁からのデブリが目立つようになる。大きいのはすでに落ちてしまっているとはいえ、ブロックがくる可能性もありすばやく通過する。
P4290040
 450mからは緩やかな地形となり、めざす大赤岳もまじかに見えファイトがわいてくる。
 北面は驚くほど急斜面だ。
P4290042
 われわれは北東にのびる尾根に突き上げるゆるい沢をルートとした。
P4290043
 難なく尾根に出ると、ぶなが点在する気持ちのよい雪面となっている。
 休まず、高みをめざす。
 北西には赤岳(719m)、大岳(775m)など未踏の山々も望見できた。
P4290051
 気分よく歩を進めていたら、いつの間にか頂上に導かれた。11時35分。
P4290062
P4290063
 ピラミッド状の七ツ岳が登高欲をかきたてる。その東にはどっしりした親岳が見える。
P4290072
さらに目を転ずると、以前苦労して登った袴腰岳や尖岳が懐かしい。ガスのため期待した大千軒方面の展望は得られず、 かえすがえすも残念だ。
 なにはともあれいつもの記念写真を撮る。
 風が強く寒いが、新しい頂で至福のひとときを味わった。
 15分ほどで名残惜しい山頂をあとにする。
 北側には大赤岳沼と思われる平坦な地形が確認できた。
 やはり下りは早い。苦もなく距離が稼げる。
 例のデブリ地帯は大急ぎで通過。
P4290076
P4290079
 あとはのんびりと歩を進め、1時40分に下山した。
 未知の山だったが、楽に登れラッキーな山行だった。
 
 

|

« 道南 太櫓山から遊楽部岳試登 07年4月28日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅸ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/14896635

Listed below are links to weblogs that reference 道南大赤岳(735m) 07年4月29日 同行Uさん:

« 道南 太櫓山から遊楽部岳試登 07年4月28日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅸ »