« 前千軒岳から松倉山縦走 07年3月2日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅷ »

March 09, 2007

スパンティーク遠征 Ⅴ

At1
わが隊が積んだのとは違う立派なケルンがあり、たどっていくとバズィン氷河が良く見える尾根に出た。ここからピークまでは標高差で150mはありそうだ。夕闇も迫ってきたし、踏みあとをたどって大トラバースすることにる。意外にあっさりと隊のルートに合流できた。ハイポーターが2人BCから迎えに来てくれ、ジーンとくるものがあった。
 7時6分やっとのことでBCにたどり着いた。残りの4人ともだきあって再会を喜んだ。つづいてトランシーバーで上部キャンプと交信する。C3に8人、C2に7人入っていて、明日、明後日でアタックするという。私はとにかく明日C1入りすることになった。
 コックこころずくしの夕食を食べて横になるが、なかなか呼吸がおさまらない。やはり1日で1500mというのは無理だったかと不安になる。そのまま安静にしていたら、夜中の12時頃フッと楽になった。ようやく順応したのだ。あとは浅い眠りに入った。
At2
 14日。9時10分出発。本日も晴天だ。この天気なら間違いなく登頂するだろう。私の方はハイポーター3人とザイルを結び、まずはクレバス帯をわたり、つづいて大斜面に取り付く。
At5
At4
 昨日までの疲れもありピッチがあがらないが、このすばらしい景色の中で登れるだけで幸せだった。
At3
稜線に出てからは高度障害も加わってきたためか、さらにゆっくりしたペースとなる。1時10分C1に到着。かなり疲れた。
 つづく。

|

« 前千軒岳から松倉山縦走 07年3月2日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅷ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スパンティーク遠征 Ⅴ:

« 前千軒岳から松倉山縦走 07年3月2日 単独 | Main | 道南の秘峰 Ⅷ »