« January 2007 | Main | March 2007 »

February 24, 2007

スパンティーク峰(7027m)遠征 Ⅳ

 8日、傷は乾いてきている。傷のまわりの皮膚もどんどんはげおちてきて、細胞の回転が早まっていることがわかる。
 9日傷はみるみる良くなってきて、今日から抗生物質を中止とした。夜はK2モーテルでなんとオリンピック中継を見ることができた。
 10日、傷はほとんど良くなった。やはり高所における低酸素と代謝の低下が原因だったのだ。
 11日、ガイドのサルワルとリエゾンオフィサーがホテルにやってきた。私は今日中にでも出発したかったが、結局明日3人でBCをめざすことになった。
Sp1
 12日6時30分出発。ドコには1時40分着。ちょうど下山してきたカリームに会う。彼の話によると、なんと本隊は今日、明日でアタックするという。8日から10日までの悪天を考えると信じがたいが、急がないと遠征が終わってしまうことは確かだ。アランドゥに着いたのは、うす暗くなりかけた7時10分であった。足の方は完全に良くなった。
Sp2
Sp5
 13日。6時10分出発。私たち3人の荷物を運んでもらうためポーターを2人雇う。チョゴルンマ氷河を右岸から左岸にわたり、樹林帯に入る。7時50分このペースでは今日中にBCまで入るのはとても無理なので、2人に話した上で先行することにした。なお、私が今日中に着けない場合のことも考え、ボロチョに2時までに着けないときはそこで待つということにした。
      チョゴルンマ氷河右岸の6000m級の無名峰
Sp3_1
 1人なのでどんどんとばす。途中ドイツ隊から帰ってきたポーターや牛を放牧している人たちに会う。
 ボロチョ着はちょうど2時だった。ここで白人2人組に会う。
     仮BC地点に近づく(写真は本隊と同一行動時のもの)
Sp4
 さていよいよ氷河だ。1人なのでクレバスの通過には非常に気を使う。
仮BC地点が近くなるとクレバスが多くなり、そのたびに迂回することになる。
 仮BC地点着は5時20分。休む間もなく登りにかかる。ここまでとばしてきたので相当の疲れだ。
 つづく。

 ここでお知らせをひとつ。
 日時:3月10日(土)
 場所:函館市シーポートプラザ前広場
 稜北九条の会設立二周年企画としてイベントを行います。
 アイスキャンドルを持ち寄り、「9」の文字を作ってあかりを灯します。函館に109万$の夜景を・・・というわけです。
 さて、今国会で国民投票法案が可決される可能性があります。今、できることをしましょう。
 お問い合わせは、メールでお願いします。

 もうひとつ。昨日シネマアイリスで「蟻の兵隊」をみた。
 主人公の考え方に全面的に賛同するわけではないが、終戦後も軍命令により多くの兵士が残って戦い、死んでいった事実。帰国後は勝手に残ったと扱われ、国から何の補償もないこと。命令を下した司令官が早々と帰国し、自分の身の安全をはかっていたことなどなど。
 あらためて日本軍の本質を見る思いがした。
 現在憲法をかえて、「戦争ができる国」にしようという動きがあるが、第二次大戦の反省はいったいどこに行ってしまったのだろうか。
 アメリカに従属を続け、戦争に巻き込まれるのはごめんである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2007

下俄郎(827m) 07年2月17日 同行Kさん、Uさん、Tさん

 道南で不遇の山、下俄郎に行ってきた。
P2170232
P2170227
                 狗神岳
P2170237_1
P2170212
   設計山から望む下俄郎
003

 厚沢部町共和の除雪終点に車を置き、8時15分出発する。ここ数日でかなりの積雪があったようだ。
 天作沢沿いの林道を進む。ほどなく下俄郎から南西に伸びる尾根に上がる。
 傾斜はゆるくて山スキーにはちょうどよい斜面である。
P2170231
 南に焼木尻岳(561m)と思われる形のよい山が見えた。
P2170229_1
 途中、ぶなの大木が2本並んで立っているところに出会う。これだけのぶなに会うのは久しぶりである。
P2170216
 605mピークで一息入れる。風がないのが幸いだ。
 天候は徐々に悪化傾向で、雪のため視界が利かなくなってくる。
P2170223_1
 737ピークを越えると雪庇が右側に張り出すようなり、注意を要す。
 突きあげたところが頂上かと思ったが、地形が合わない。もう少しだ。
 11時10分登頂。視界は数十mのみ。ここからは秘峰狗神岳をはじめ360度の大展望を楽しめるはずであったが、残念である。
P2170228
 頂上はさすがに風があり、寒い。記念写真を撮って、早めにきりあげる。
 山スキーのKさんは早い。あっという間に見えなくなってしまう。
 他の3人はあたりの木々を観察しながら、降りる。
 やはり下りは早い。1時10分には到着した。
        乙部岳
P2170233
 まだ時間は早いので、八厚やまぶきラインを通って狗神岳を偵察して帰ることにした。
   濁川から見る毛無山
P2170235
 濁川のダムから望む狗神岳は秘峰に恥じない姿であった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 10, 2007

野田追岳 07年2月10日 同行Tさん

 道南は八雲町にある野田追岳(705.6m)に行ってきた。
P2100158
           山頂にて砂蘭部岳をバックに
P2100192
桜野温泉からわらび野を通り、道のある尾根に取り付こうと考えていた。
 温泉から少し入り準備をしていたら、地元の人に会い、林道が除雪されているという。
 それではというわけで、278ピークをまわりこんで1kmくらい車で進むことができた。
 7時30分出発。東方の稜線をめざす。
 積雪は30cmほど。今朝の冷え込みのためか、あまりもぐらない。
 ひとがんばりで稜線に出た。356mピークから少し西の地点である。
P2100160
P2100210
 遠くにめざす野田追岳が見え、ファイトが湧く。野田追川を挟んで対岸には横山の急斜面も望めた。
 8時15分、当初取り付く予定であった尾根に到着する。わずか700mの山であるが、急登の508mピークを従えた姿はそれなりの山容である。
P2100211
P2100164_1
 広く刈り払われた道はブッシュもなく歩きやすい。対岸には砂蘭部岳から小鉾岳の展望が広がってくる。
 いよいよ急登だ。約180mの急登はけっこうこたえた。展望はさらに広がり、紋内岳も全貌を現わす。
P2100161
 いったん下って岳樺帯を過ぎると、エゾアカマツの植林地に着く。積雪は1m強か。
P2100167
 頭上には野田追岳のピークが見え気ははやる。ただこのあたりから雪が沈むようになり、簡単には登らせてもらえない。
P2100169
 気持ちのよい雪面を突き上げたら、頂上だった。10時10分。
P2100173
P2100206
P2100202
 360度の大展望で、東には秘峰狗神岳、南には乙部岳と鍋岳、西には突符山とスルカイ岳まで見える。
P2100194
 いつもの記念写真を撮る。
 それにしても山また山である。これだけあっても一般コースがあるのは乙部岳と小鉾岳のみというのもすごい。
 風もないのでゆっくりと休んだ。
 さて、のんびりばかりしていられないので、下山にかかる。
 多少埋まるが、さすがに降りるのは早い。
 往路を忠実にたどり、1時10分には車に到着した。
 一軒宿の桜野温泉で汗を流し、帰函した。
 はじめての山に天気のよい日に登れ、満足した1日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2007

雁皮山東面から蝦夷松山縦走 07年2月3日 単独

以前から狙っていた、雁皮山の東面を登った。その後、先日も登った蝦夷松山まで縦走してきた。
      奥の白い山が雁皮山。山頂の左側斜面を登った。
P2030131
         雁皮山から蝦夷松山への縦走路
P2030147
函館市近郊の雁皮山は、夏は自転車でも登山口まで行ける山である。冬はというと、けっこう登りがいのある山に変わる。特に東面の壁は迫力があり、いつかは登ってみたいと考えていた。
 7時35分出発。P2030123
蝦夷松山の山すそを東にまわりこんで行く。上からは平らに見えた地形だが、意外に凹凸が多い。積雪は1m以上ありそう。P2030129
P2030139
途中見上げる雁皮山から蝦夷松山の東面は予想通りかなりの厳しさである。岩場のある雁皮山東尾根も手ごわそうだ。
 9時45分雁皮山基部で小休止する。あたりには電信柱が数本立っていて、以前開拓地であったことを物語っている。
P2030137
 さていよいよ本番だ。雁皮山からすぐ南にある鞍部をめざすことにした。はじめはゆるかった傾斜もだんだん急になり、部分的には50度を越すようになってきた。ラッセルも膝上となり、苦闘を強いられる。ただ、雪の状態はまったく安定しており雪崩の恐れはない。
P2030140
 最後は立ち木をつかみながら稜線に出た。あとは目の前の斜面を登りきると頂上だった。10時半。
P2030144
P2030146
 まずはいつもの記念撮影をする。これで冬は4回目となるが、静かでなかなかいい山頂である。
P2030151
 東にはどっしりした三森山、南には蝦夷松山に続く稜線が見え、その先には函館市街も望めた。
 先が長いので腰をあげる。蝦夷松山までは気の抜けない縦走だ。気温もそう上がらず、冬山の楽しさを堪能する。
P2030156
P2030154
 11時半蝦夷松山着。振り返る雁皮山が印象的である。
 頂上直下の岩場は、ロープが出ていたので助かった。休まず安全地帯まで降りて、休憩とする。核心部を越えた後の疲労が心地よい。
P2030157
 のんびりと下山し、陣川温泉には12時40分に到着した。
 狙っていた雁皮山東面を登れ、満足した山行だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »