« 三角山(741m) 07年1月20日 同行Tさん、Sさん | Main | 雁皮山東面から蝦夷松山縦走 07年2月3日 単独 »

January 27, 2007

スパンティーク峰(7027m)遠征 Ⅲ

 Gezann1
8月2日、ようやく傷が少し乾いてきた。この時点で皆はトンガリの直下6200m地点まで到達していた。4日少し悪化。5日あきらかに悪くなってきている。ここまでがんばってみたが、もうだめだ。ガーゼも底をついてきており、もう下山するしかない。赤星ドクターと相談し、夕方隊長にトランシーバーで連絡した。11日間BCでじっとしていたが、結果は下山だ。C2が6150m地点に建設されようとしている今降りるということは、本当に断腸の思いだ。しばらく動かなかったので、足の筋肉が落ちて悲しくなる。
 Gezann2
6日、いよいよ下山である。9時過ぎハイポーターのカリームと一緒に出発する。足の方は運動靴なのであたらず、大丈夫そうである。ピークで名残惜しいBCに別れを告げ、後はチョゴルンマ氷河を下りに下った。Gezann4
6時45分マンビーホーラーの上流30分のところにテントを張った。
Gezann3
 7日、6時20分出発。途中ハラモシュ・ラを越えるという5人組に会う。アランドゥ着10時。Gezann6
ハイポーターのアリの家で1時間ほどゆっくりし、ドコに向かった。カンカン照りで脱水症状を起こしながらも、3時45分にたどり着いた。ここで、同じスパンティークに登るというドイツ隊に会う。下山を決めて以来落ち込んでいたが、彼らと話し込んでいるうちに再びファイトが湧いてきた。傷が治り次第BCに帰るぞと心に誓う。Gezann5
彼らが使ったジープに乗り夜10時10分やっとのことで、スカルドゥに着いた。本当に疲れた1日だった。


 

 教育基本法改悪案が通った。教育再生会議が第一次報告を出した。
 教育評論家の尾木直樹さんのコメントを引用する。
 「教育再生というならまず必要なのは政府に対する教育予算増や条件整備のはずです。ところが報告にあるのは教師の声、子供たちの実態をまったく踏まえず、上から強権的に国民に命令する内容ばかりです。一方的、一面的で、きめつけが多い。しかも何らかのりねんがあるならまだしも、あるのは対症療法的に管理強化をするということだけです。以下略」。
 月刊「世界」2月号の特集 教師は何に追いつめられているか、も非常に参考になった。
 このテーマで3月くらいに講演会を開きたいと思う。ご期待ください。

|

« 三角山(741m) 07年1月20日 同行Tさん、Sさん | Main | 雁皮山東面から蝦夷松山縦走 07年2月3日 単独 »

Comments

>子供たちの実態をまったく踏まえず・・・(sho)

◆「教育についての科学的検証に従事している者をひとりも含まないメンバーから成る教育再生会議が、インパクト重視でまとめた報告書。その提言が、将来この社会を担うすべての子どもたちの毎日の生活を大きく左右しかねないことに対して、計り知れない危機感を感じる。」・・・(本田・由紀・東大教育社会学:29日朝日12版7面)

◇ここまで子どもたちの実体に目をつぶっては、「教育の危機」ではなくて「おとな社会の危機」ではないでしょうか。(tao)

Posted by: TAO | January 29, 2007 01:00 PM

taoさん、コメントありがとうございます。
まったく同感です。
「こどものいじめをなくしたければ、まずおとなのいじめをなくすべきだ」と言った人がいます。

Posted by: SHO | January 31, 2007 05:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スパンティーク峰(7027m)遠征 Ⅲ:

» 57:大変だった脱水症状 [がん闘病記:肝臓がんを克服した男の闘病記]
病院を退院したのもつかの間、10日も経たないうちにまた、胆汁が多くなった。私は点滴を受けながら必死になって水分を採った。また脱水症状を起こしてしまったら大変だからだ。当時は本当に必死で水分を摂らなければ胆汁の出る量に追いついていけない程だった。余談だが義...... [Read More]

Tracked on February 02, 2007 02:41 PM

« 三角山(741m) 07年1月20日 同行Tさん、Sさん | Main | 雁皮山東面から蝦夷松山縦走 07年2月3日 単独 »