« 松倉川白滝沢遡行 06年8月5日 同行Kさん、Tさん | Main | 餓鬼岳~唐沢岳~燕岳~常念小屋縦走Ⅰ 06年8月4,5日 単独 »

August 14, 2006

乗鞍岳 06年8月3日 同行家族

 手軽な3000m峰、乗鞍岳に行って来た。
_005_5
 標高2700mの畳平までバスで移動する。9時15分出発。
_004_2
_018_3
 お花畑コースをとる。写真のように、多くの花を見ることができた。
 しばらく平坦な林道を進んで、肩の小屋で小休止。
 ここからは、写真のように一気の登りだ。右手には雪を浮かべた権現池が見下ろせる。
_009_3
 晴天の中、四囲の展望を楽しんでいたら頂上に着いた。11時5分。
_008_4
 まずは槍~穂高連峰がすばらしい。御岳、中央アルプス、南アルプスときて、浅間山まで見える。本当にいい天気だ。
_012_2
_010_2
 ゆっくり休んで下山にかかる。
 少し下るとガスが出てきて、山の天気の変化に驚いた。
チングルマ、大雪のものと比べると小ぶりだ。
_019_3
  中央にクロユリが見える
_020_4
  ハクサンイチゲの大群落
_023_1
 帰りもお花畑で高山植物を十分楽しんで、1時バスターミナルに帰着した。
 家族で登るには、絶好の山だった。

|

« 松倉川白滝沢遡行 06年8月5日 同行Kさん、Tさん | Main | 餓鬼岳~唐沢岳~燕岳~常念小屋縦走Ⅰ 06年8月4,5日 単独 »

Comments

14日の羊蹄山の頂の空気と重ねて 乗鞍岳の清々しい姿を拝見しました。
好天の山行は、この夏の ご家族への素晴らしい贈り物でしたね。
羊蹄の高山のにおいは しばらくそこに居座っていたいほどでした。
秋の空気も チョッピリありました。
敬遠していた羊蹄山でしたが 背中を押して頂いたお陰で「今夏中の頂上」が かないました。
流石に 道南唯一の本物の高山帯でした。
エゾオヤマリンドウは 鮮やかな色合いの季節でした。

Posted by: Tatta | August 15, 2006 at 12:46 PM

TATTAさん、念願の羊蹄、やりましたね。どれくらいかかりましたか?人は多かったですか?
私の方は、乗鞍で足慣らしをし、常念山脈を縦走しました。
まずまずの天気でした。
それにしても、アルプスは道内の山とは違い、整備されていますね。

Posted by: SHO | August 16, 2006 at 09:07 PM

餓鬼岳は、1000m2時間程度でしたね。
羊蹄山の方は1500mで4時間でした。
本格的登山に必要な全身持久力の最低レベルは[1000m2時間]で登れること(山本正嘉)
山本説にはほど遠し でした。
4日目にして 丸太のごとしふくらはぎ 今だ芯がジンと病み。
素人の情けなさ…これでは日曜日は歩けそうもなし。トレーニングはやはり必須なんですね。

Posted by: Tatta | August 18, 2006 at 10:55 PM

TATTAさん、滝沢はいかがでしたでしょうか?
ヒマラヤに登るためには、最低1時間に400mということがいわれていました。1500mで4時間は、まずまずと思います。

登山前後のストレッチも、良いのではないでしょうか。

Posted by: SHO | August 20, 2006 at 05:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/11426062

Listed below are links to weblogs that reference 乗鞍岳 06年8月3日 同行家族:

« 松倉川白滝沢遡行 06年8月5日 同行Kさん、Tさん | Main | 餓鬼岳~唐沢岳~燕岳~常念小屋縦走Ⅰ 06年8月4,5日 単独 »