« 富士登山競争と白峰三山日帰り縦走Ⅱ 単独 | Main | 近郊の山 06年4月15日 単独 »

April 09, 2006

冷水岳~白水岳~貝取ま縦走 単独 06年4月9日 

_018
以前から行ってみたかったコース、冷水岳南東尾根~白水岳~貝取まの縦走をしてきた。写真は冷水岳山頂から見た白水岳連峰。
 雲石峠を越えると、めざす冷水岳がはるかな高みに見える(写真左)。この迫力は道南でも指折りだろう。5時40分、見市温泉着。ほぼ同時に山の会のUさん、Sさんが車で到着する。同じコースを登るという。まったくの偶然であるが、本当に驚いた。
_001
 私は天候次第で縦走するつもりなので、一足先に出発する。けっこうもぐるのでワカンをつける。尾根に出るまでが一苦労だった。
 ぶなの多い明瞭な尾根を黙々と登る。雪もあまり沈まなくなり快適だ。対岸にはどっしりした毛無山(720m)が見えてくる。約1時間で標高700mのピークに出た。東方向には雄鉾岳の特異な山容が望まれる。
 _006
 標高850mを越えると尾根が回りこんでいて、正面にめざす冷水岳が眺められる。
_008
 尾根が西に向かうようになると、写真のように頂上がまじかに見える。一気に登りつめ、8時25分登頂す。白水岳方面の展望がすばらしい。2年前登った岩子岳やペンケ岳(写真左)、先日行ったスルカイ岳なども指呼できる。下から登ってきているUさんの黄色いヤッケを確認して縦走に入る。
_019
 奥冷水岳のピークを越すと、急な下りとなり慎重に降りる。振り返ると写真のように立派な冷水岳の姿が見上げられた。
_026
なだらかな熊石岳を過ぎ、遊楽部岳への分岐到着。あいかわらず遊楽部の上部はガスっていて見えず。この地点から見る白水岳は写真のようにピラミダルな山容である。
_028
 張り出す雪庇に気をつけながら急登を登りきると白水岳山頂着10時25分。風が強まり、天候は悪化傾向か。いつものように中白水岳をバックに写真を撮る。
_040
 さて、いよいよ未知の領域だ。西の1018mピークをめざして下ってゆく。登り返しがきつかったが、11時10分到着。遊楽部岳と臼別岳が山頂まで見える。3年前の3月、苦闘した時のことが思い出される。
_041
 山頂は風が強くて、とても休んでいられない。852mピーク近くの鞍部で小休止。
 尾根を間違えたことに気がつき、町界となっている尾根に移る。写真のように裏から見た白水連峰の景観もなかなかのものである(写真下)。
 599mピーク経由の下山コースも考えたが、町界の尾根を忠実に下り続ける。430m鞍部まで降りてみると、進行方向の613mピークが高い。その先の尾根は雪があまりないようだ。この地点から、貝取ま川の旧温泉を目標に降りることにした。標高250m地点まで来ると林道に出た。あとはこの道をたどり、容易に休憩所着。
_045
 所々雪が消えた林道を側壁からの落石に注意しながら歩く。約3kmであわび山荘到着1時50分。一風呂浴びたあと帰路についた。
 久々に充実した山行だった。

 

|

« 富士登山競争と白峰三山日帰り縦走Ⅱ 単独 | Main | 近郊の山 06年4月15日 単独 »

Comments

 赤川の雑木林は、風もなく今日は久しぶりに穏やかでした。オヒョウの花芽がはちきれんばかりにふくらんで、いよいよ今週は開花のときです。
 白水岳は春山とはいえ、写真の稜線から推察するに、風があったり固い雪であったりしたら、ビビル山のように見えました。
 カシミールで縦走コースを辿り、貝取間の林道へ下りる支尾根はこれか…と、この支尾根に至って「この下りのブナ林は良いなー」と図上歩かせて貰いました。

Posted by: Tatta | April 09, 2006 09:52 PM

今回はわりと穏やかな天候でしたので、縦走できました。
道南の山もなかなかのものです。
 
赤川もいよいよ春まじかですね。かつらはどうでしたか?

Posted by: SHO | April 10, 2006 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 冷水岳~白水岳~貝取ま縦走 単独 06年4月9日 :

« 富士登山競争と白峰三山日帰り縦走Ⅱ 単独 | Main | 近郊の山 06年4月15日 単独 »