« 越後の秘峰Ⅴ | Main | 雷電山(703m) 06年2月25日 同行Uさん、Kさん »

February 19, 2006

亀田半島毛無山(631m) 06年2月19日 単独

_007
_011
_013
_022
_023
_026
写真 上左:南から望む毛無山。まだ遠い。 上右:毛無山まであと少し 中左:山頂から恵山を見る
 中右:毛無山を振り返ると、私のトレースが確認できた 下左:北西方向から見た毛無山。立派な山容だ。
 下右:586m峰から眺めた毛無山と三枚岳 
 道南で道がなくて登りにくい山、毛無山に行って来た。
3週前に敗退した毛無山に再挑戦である。8時40分前回と同じ盤の沢川出合出発。30分で林道終点通過。前回のトレースがうっすら残っているので楽だ。この地点より斜面を直登し、9時40分林道着。この前よりかなり早い。
 林道沿いに北上すると分岐部に出る。迷わず左を選ぶ。しばらく下ると、めざす毛無山が見えてきた。積雪は60~70cm位か。新雪が10cm積もっているが、その下は硬いのであまりもぐらない。
 毛無山に近づいてからは、林道を離れまっすぐ登る。稜線に出ると真っ白な毛無山がすぐそこに見える。
 急斜面を登りきると待望の山頂だった。11時15分。
 南には先日登った三枚岳が大きい。東は恵山と古部丸山。西には進行方向の586mピークとその奥に三森山や泣面山も望めた。寒いので休んでもいられず、予定通り川汲トンネル方向に足を向ける。581mピーク直下で林道に合流してから、昼食とする。先は長いので、しっかりと腹ごしらえをする。
 岳樺と白樺の多い道を黙々とラッセルしていく。振り返る毛無山はおもいのほか立派な山容で、とても600m台の山には見えない。 
 時々噴火湾の海ものぞめ、なかなかいいコースである。586mピークの手前で林道を離れ樹林帯を直登する。
1時25分ピーク着。北面の展望が開け、気持ちのよい山頂だ。函館山も見える。
 風が強くあまり休んでもいられず、腰を上げる。たびだび現れる林道分岐を地図で確認しながら、歩を進める。
 さすがに足が重くなってきた。アクエリアスとチョコ、それからたまに出くわすウサギの足跡が楽しみだ。
 ようやく492mピークに着いた。あとは尾根を降りるだけだ。意外にもブナ林となっている。最後のご褒美を満喫しながら、3時10分川汲トンネル入り口に下山した。
 ほとんど登る人がないであろう毛無山に足跡をしるせ、満足した山行だった。

|

« 越後の秘峰Ⅴ | Main | 雷電山(703m) 06年2月25日 同行Uさん、Kさん »

Comments

(SHOさんに賞賛のレター)かねてあたためておられた亀田半島南部の最奥部の毛無山登頂達成できたのですね。山行の峰峰の記述を確かめながら、あの尾根この斜面とカシミールで辿ってみました。俺も感激しています。同日同時刻、俺はガンピ山に出かけていました。チョットデータを拾ってみましたので以下に並べます。
        ↓毛無山   ↓ガンピ山
          ツボ足   山スキー
実所要時間 6時間30分 4時間40分
全行程     17200m   8900m
標高差       143m      0m
累積登り   +1040m   +650m
累積降り    -900m   -650m
想定夏路あるとして
所要時間   5時間20分 2時間50分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな数値に何の意味があるのと笑わないで下さい。今の俺には毛無山の行程を実感するには残念ながらこれしかないのですから。本当に、低標高ながらピラミダルな白い毛無山を今冬中に達成できておめでとう御座いました。(いずれ俺も…)

Posted by: Tatta | February 20, 2006 08:29 PM

TATTAさん、雁皮山お疲れ様でした。
頂上直下は急でしたか?
毛無山のほうは、まずまずでした。
あまり知られていませんが、いい山だと思います。
その内チャンスがあるといいですね。

Posted by: SHO | February 21, 2006 08:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亀田半島毛無山(631m) 06年2月19日 単独:

« 越後の秘峰Ⅴ | Main | 雷電山(703m) 06年2月25日 同行Uさん、Kさん »