« 東篭ノ登山と黒斑山 05年8月5日、6日 同行5日家族、6日単独 | Main | 快速登山の現在形 »

August 13, 2005

戸隠から海谷山塊 昭和60年5月3日から5日 越稜山岳会山行

umitani3

umitani1

umitani4

umitani2

写真 左上:高妻山から乙妻山を望む 上右:縦走路から高妻山を振り返る 下左:焼山をめざす 下右:阿弥陀岳と烏帽子岳をバックに
 春の好天を利用し、戸隠から海谷まで縦走した。古い記録であるが、今でも登る人はそういないと思うので、紹介したい。
 5月3日(快晴)。5時戸隠牧場出発。前方に見える戸隠山が奇怪だ。しばらく進み、沢に入ると雪が出てきた。あちこちに滝がかかっていてすばらしい眺めだ。急な雪渓からやぶを少しこぐと、簡単に一不動に到着した(7時10分)。西方の展望が一気に開け、高妻山や北アルプスが目に飛び込んでくる。
 休憩もそこそこに歩き出す。雪がなくて登山道を歩くこともしばしば。8時20分五地蔵着。ここから標高差で400mの急登だ。くさりかけた雪に足をとられながらも、10時25分高妻山登頂。360度の展望を存分に楽しむ。はるかに遠くめざす焼山が望まれた。一時間かけて乙妻山まで歩を進める。驚いたことに、20年前新潟県山岳協会により実施された県境縦走の際のプレートが残っていた。ここで少し暑いが待望の昼寝をする。
 心地よい眠りをむさぼったあと縦走を再開する。少し下ってみて、仰天する。すっぱりと切れ落ちた崖となっているではないか。下まで100mくらいある。立ち木と固定ロープを頼りに降りていく。急崖もあと30mというところで、ロープはなくなっていた。一同動揺の色が隠せなかったが、細引きを持ってきたことを思い出す。これをダブルにして木にかけ、恐ろしい思いで降りた。
 降りついた鞍部で一息入れ、縦走を再開する。県境稜線はやぶが密生しておりとても手に負えない。ショートカットを繰り返す。夕方近くになると、風も強くなってきた。堂津岳の急登をくたくたになって登りきり、ピークの少し先を今日の泊場とした。
 5月4日(快晴)。5時15分発。上下の少ないひろい稜線を快調にとばす。柳原岳を越えると、やぶのついた上り下りの激しい稜線と化し、体力を消耗する。小谷村と笹ヶ峰を結ぶ林道が見下ろされる。西側斜面はかなりの急傾斜だ。松尾山が近づいてきた。私はどうしても三角点を獲得したかったので、遠回りして踏んでくる。
 乙見峠は7時40分着。これよりしばらく登山道が出現する。久々に雪のない道をたどる。ひとふん張りで薬師岳についた。ようやくやぶから開放されたことになる。焼山がひときわ大きく見える。少し下って左に90度コースを変えた頃から、日差しが強くなってきた。標高差500mの登りをやっとの思いでこなし、1時5分雪原に飛び出した。
 金山には2時10分到着。ここで一気に海谷山塊の展望が開けてきた。近いと思った富士見峠は意外に遠く、3時30分つかれきって到着。
 小休止後焼山ピストンに向かう。空身なのでピッチが上がる。大雪渓をガンガン登る。ルートはルンゼ状の地形をのびている。遠めには難しい岩場に見えたが、赤ペンキやロープのおかげで楽に登れた。稜線に出て火口をまわりと頂上に着いた。山頂から望む火打ち山はすばらしいの一語だ。下りはあっという間のグリセードで、テント帰着。夕方のひとときをのんびりと過ごす。
 5月5日(快晴)。4時50分出発。皆既月食を見たあと出かける。雪が締まっており、1ピッチで昼闇山の近くまで来てしまう。丸い頂の昼闇山をあとにして、一気に鉢山の鞍部へと下る。かなり切り立った山だ。KさんとYさんはそのまま北面の雪渓をトラバースするという。私はNさんと二人でピークを目指す。猛烈なやぶに加え、両側とも極端に切れているので緊張の連続だ。7時50分登頂。向こう側へ10分ほど降りてみたが、7m位の岩場に阻まれる。結局戻ることにした。
 鞍部で一休みしたあと、先行の二人と同様トラバースにかかる。それにしても北面の岩場はすごい。ほどなく向こう側の鞍部にいる二人と合流した。振り返って仰天する。先ほど我々がおりかけた岩場の先は、すさまじいばかりの岩壁になっているではないか。引き返してよかった。
 ここで阿弥陀岳ピストンへ行くかどうか迷うが、望見される険しさに断念することにした。広大な吉尾平をのんびりと歩く。阿弥陀岳と烏帽子岳東面の岩壁群を眺めながら、前烏帽子10時50分着。
 烏帽子の東面には百数十mも落下している滝があり、すこぶる絶景である。海谷山塊に最後に一瞥をくれ、北面の沢をグリセードで一気に下る。途中で雪がなくなり、やぶをこいで焼山温泉に到着する(12時30分)。温泉で山の疲れを癒し、車中の人となった。
 

|

« 東篭ノ登山と黒斑山 05年8月5日、6日 同行5日家族、6日単独 | Main | 快速登山の現在形 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 戸隠から海谷山塊 昭和60年5月3日から5日 越稜山岳会山行:

« 東篭ノ登山と黒斑山 05年8月5日、6日 同行5日家族、6日単独 | Main | 快速登山の現在形 »