« May 2005 | Main | July 2005 »

June 30, 2005

飯豊川本流 昭和56年8月13日から15日 越稜山岳会会山行

iide02
iide01
 写真 左:増水して濁流と化した本流を下降する 右:地蔵カル沢出合と思われる
 古い記録であるが、越後の山の記録をひとつ紹介したい。
 昨年のお盆も飯豊川だった。初日は晴天で、不動滝下流のゴルジュ帯の遡行を楽しんだ。しかし翌日からは悪天、豪雨で、中峰経由洗濯沢出合までしか進めなかった。本流の増水は想像を絶し、川原いっぱいにひろがった胸まで来る濁流渡渉は、今考えても背筋が寒くなる。そういうわけで、今年はぜひとも完登してスカッとしたかった。
 8月13日。午後8時50分林道終点出発。月明かりでライトがいらないくらいだ。途中の枝沢には雪渓が残っていて驚く。湯の平で小休止後、おんべ松尾根を登り出す。急な岩場が多く、緊張する。11時を過ぎるとめっきりペースが落ち、0時5分尾根の平らなところ(標高900m)を本日のねぐらとした。
 14日。朝の冷気に目覚めは早い。5時45分出発。途中寅清水にて水を補給し、7時25分中峰手前の飯豊川下降地点到着。あらためて重いザックに、滝を登る重さじゃないと不安が出てくる。すぐに下降に移るが、どうも昨年登降した沢と様子が違う。ついに30m位の滝に出くわし、右岸を巻くことになる。これで右俣を下りてしまったことが判明した。それでも本流には1時間20分」で着いた。昨年なかった大規模な岩崩れに驚いた。
 水量は少なく一安心する。洗濯沢までと、右岸を飛ばす。転石づたいで問題はなし。出合を過ぎると両岸が狭くなるが、渡渉を繰り返す程度で赤渋沢出合到着。二段80m滝が天から落ちていて、見上げるゴルジュがすごい。間もなく沢は左に屈曲する。切れた巨大なスノーブリッジが出現した。この下には通過不能の廊下があるはずである。右岸にくいこむルンゼをつめることにする。浮き石が多く神経をすり減らす。100mほどでトラバースにかかるも、なかなか水平距離を稼げない。40分で口が開いていない雪渓に降りられた。10分位快適な雪渓登りをしたら、完全に切れている地点に着く。雪から出てくるガスのため、奥はよく見えない。下りるとなると、雪解け水を泳がなければだめだろう。結局またも右岸を巻くことになった。
 100m戻ってやぶに突っ込む。急なトラバースがつづき、腕も疲れる。30分の大休止をとったりしながら、なんとか雪渓まで突破する。しばらくは雪渓登りで楽ができたが、またまた切れている。しかし今回はそう悲観したものではなく、左岸を懸垂30mで水流まで降りることができた。やさしい滝を越し、右岸を回りこみ、ショルダーで雪に上に這い上がる。
ここからの残雪はすさまじく、楽勝のパターンになってきた。悪相の滝をかける地蔵カル沢1時40分。沢に降り水をたらふく飲む。シュルントの底に滝が消え、身の毛がよだつ。雪渓の厚さは20mはありそうだ。ほどなく大日沢がルンゼ状で合流する。以後はジョーゴ沢手前で割れていた以外は完璧で、驚くほどピッチが上がる。右岸には300m近い岩壁がせりあがっている。雨ドヨ沢はルンゼ状で切れ込んでいる。
 順調に天狗沢を過ぎ二俣に着く。あたり一面雪原のため、どっちが本流か判断ができず。左俣に入り、雪渓の終わった河原を泊場とした。4時5分。
15日(晴れ)。核心部は終わったということで、ゆっくり出発する。振りかえる大日岳方面の景観は壮大で、左岸から三段100mはあろうかという滝が落ちている。さらに進むと、左岸からトヨ状の滝が出会う。所々雪渓が残っているが、あとはゴーロのみだった。登り2時間でやぶ漕ぎも少なく、天狗岳の北に飛び出した。
 御西経由で大日岳までピストンしたあと、えぶり差岳まで縦走し下山した。
 昭和38年以来の豪雪で、山行前の近郊の沢で雪の多さには気づいていたが、ここまでとは思わなかった。雪渓の長さは3km近くあったのではないか。水は昨年と比較にならないほど冷たく、一回渡しょうするだけで足がしびれた。沢に入って滝を登らず遡行するというのも珍しいが、念願の飯豊川本流を完登し満足の行く山行だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2005

朝日連峰カモシカ縦走 昭和62年5月30日 単独

 asahi3
asahi4

 写真 左:雪の残った朝日連峰をバックに 右:越えてきた稜線を振り返る
 少々古いが、越後の山の記録をひとつ紹介したい。
 晴れた日には、新潟からも遠く望まれる朝日。4年前、飯豊連峰全山を一日で踏破した。この時から次は朝日だ、と思いつつもなかなか実現できなかった。今回は、ぜひとも私にとって未知の以東岳、平岩山~葉山ともども一気に縦走してみたかった。
 5月30日(曇時々晴れ)午前3時新潟発。7時25分泡滝ダム出発。まずは軽く足ならし。大鳥川沿いに走ってみる。今回は荷を5キロに制限したので身も軽い。冷水沢の吊り橋を渡り、程なく左岸に移る。七ツ滝経由の道を分け、つづらおりの道となる。所々雪渓に分断されていて、運動靴のため手間取った。
 8時40分、大鳥池着。湖面にはまだ氷が残っている。背景の残雪をいただく新緑の山々とコントラストをなし、まるで絵のような景色だ。直登コースを選ぶ。道は湖面すれすれにつけられており、雪渓が所々落ち込んでいる。やはり運動靴では心もとない。東沢を渡り、尾根に取り付こうと試みるも、登山道が発見できず敗退。わきの枝沢を尾根まで雪がついていることを確かめた上で、つめることにする。10分も登ると登山道に合流し、ホッと一息つく。あとはよく踏まれた道を一気に以東岳へ。小法師山、化穴山と続く県境稜線の山々の展望がぐんぐん広がる。以東岳着10時20分。少雪の年とはいえ、やはり朝日だ。稜線から東面を中心に雪がべったりとついている。眼を南に転ずれば、ピラミッド形の大朝日岳がはるか遠くに見える。
 さて、いよいよ縦走開始だ。下りと平坦地は走る。上りも急ピッチで登る。体調は良好、天気もまずまず、それにこのスケール。一人っきりで走っていると、何か大自然と一体になったような不思議な感じがしてくる。狐穴小屋は11時10分着。寒江山、竜門山と快調に飛ばす。登山道には雪はほとんどなく、運動靴で来て正解だったとつくづく思う。西朝日岳への分岐点には知らぬ間に着き、休まず大朝日岳へと向かう。金玉水で雪渓の切れ目を見つけ、水筒にも1リットルほど補給しておく。新装となった大朝日小屋の鐘を一発鳴らして、山頂へと進む。山頂は1時40分着。ほぼ予定通りのタイムだ。少々かすんでいるが、360度の展望を満喫する。行く手の平岩山、御影森山は指摘できたが、葉山ははるか遠くで同定できず。本当に今日中に行けるのだろうか。若干の不安が頭をもたげてくる。
 北方を一瞥し下りにかかる。20分で平岩山着。いよいよ未知の領域だ。遠目には楽そうに見えた御影森への稜線も、いざ来てみるとなかなか手ごわい。40分かけて山頂着。大休止したいところだったが、ブヨの大群に襲われ、ホウホウのていで逃げ下る。今までより道が悪くなってきた。西には大玉山や祝瓶山の迫力ある峰々を望みながらの行進だ。今朝からの疲れがじわじわ出てきて、もはや走ることはできない。なめるようにして足を前に出す。中沢峰(3時50分)にて祝瓶山荘への道を分け、焼野たいらへと向かう。ツツジ、カタクリなどの花を励みに黙々と歩く。道は焼野平ピークを巻いているのでたすかった。葉山が近づくにつれ、尾根というより平原という雰囲気になってきた。突然池が出てきて、大いに慰められる。しかし行けども行けども葉山につかず、くさってくる。5時半やっとのことで南下コースの分岐点着。このあたりに葉山神社、葉山山荘があるはずなのだが、結局わからずじまい。しばらく東進したあと下りにかかる。
 蚕桑駅発6時29分の列車に乗るため、走りに走る。中腹から林道となり、ガンガン下る。白兎までわずかのところで、間に合わないことがわかり、がっくりくる。トボトボ歩いていたら、山菜取りのおじさんの車にひろわれ、先の駅まで乗せていってくれるという(6時25分)。感謝。急行「べにばな」にて車中の人となり、9時過ぎには新潟へ帰ることができた。満足のいく山行であった。

ここでカモシカ山行のエピソードをひとつ紹介したい。今から17年前の秋、越後三山を一日で縦走しようと考えた。駒の湯から駒ケ岳山頂まで登り、雨天のため行くか止めるか迷っていたら、下から走って登ってくる人がいた。結局このあと一緒に三山を踏破してしまうのだが、まず荷物の少なさに驚いた。水は500cc、食料は小さいケーキを数個のみだった。オカメノゾキまではなんとかついていけたが、その後は待ってもらうことが多くなって申し訳なかった。八つ峰を縦走し千本檜小屋についたのは確か2時頃だった。おかげで余裕で縦走できた。その後冬の剣岳八ツ峰などで活躍し、エベレストに単独で挑戦したりしたことを雑誌で知った。偶然同行でき、思いで深い山行となった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2005

目国内岳と羊蹄山 05年6月 単独

_018
_017
 写真 左:目国内岳頂上より雷電岳方面を望む 右:前目国岳から目国内岳を見上げる
 6月はじめ、残雪豊富な目国内をまず狙った。雪のため車は新見温泉までしか入らず、登山口まで約1時間歩くことになった。順調に歩を進め、頂上直下で山スキー3人パーティーに会ったのには驚いた。頂からはニセコの山々、狩場や羊蹄まで見え、すばらしい展望だった。
_002
 翌日真狩口から羊蹄山をめざす。今年は雪が多く、登山道は大雪渓となっている。晴天のため暑くて消耗する。
昨日目国内直下の岩場でぶつけた膝が痛くなってきて、外輪山の下7,80m位のところで断念することにした。残念だが仕方あるまい。登山口まで戻って見上げた羊蹄はいつもより高くそびえているように見えた。

 ここで平和の話題をひとつ。先日函館であったベトナムのドクさんとの交流会に参加した。彼が事務員として勤める病院には、今でも枯れ葉剤によって健康を害した患者さんが60人も入院しているという。彼の同胞を助けたいという強い意志に感銘を受けた。ただベトナム戦争では、日本も加害者の一翼を担った面があるので、大いに反省しなければと思う。
 現在同じことが、アフガニスタン、イラクでつづいているかと思うと、暗澹たる気持ちになる。皆で力を合わせ、なんとか変えていきたいと願っているこのごろである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2005

蝦夷松山、雁皮山、袴腰岳 05年5月 単独

_001
_004
_006
_008
 写真 左上:蝦夷松山から三森山を見る 右上:三森山をバックに雁皮山 左下:袴腰登山道脇にある水芭蕉の群落 右下:一等三角点の袴腰岳山頂
 好天を狙い、函館近郊の山にいずれも自転車をアプローチに使って登ってみた。登山者には袴腰で一人会ったきり。
静かな山旅が味わえた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2005

トムラウシ敗退旭岳 05年5月5日 単独

_123
                                                                   _128
                                                                 
_135
                                                                  _152

_155
 写真 左上:まあたらしい熊の足跡に出くわす 右上:化雲岳への尾根から見る旭岳 左中:新雪がまぶしい旭岳 右下:旭岳頂上から北鎮岳方向を望む 左下:山頂から十勝連峰を見渡す
4時10分気合を入れて、天人峡出発。順調に歩を進めていたが、1030m地点を越えたあたりで、通ったばかりと思われる熊の足跡に出くわした。これから登る尾根に先行している。ウーン、この迫力にはまいった。結局、あっさり引き返すことにした。6時20分下山。
 こんな好天はめったにないので、もう一度旭岳に登ることにする。9時の始発を待って、ロープウェイの人となった。あとは一昨日と同じコースで頂上へ。360度の展望を満喫する。のんびりと下山し、11時30分ロープウェイ駅到着。本日は連休最終日でもあり、多くの人に「平和憲法を守ろう」旗を見てもらえたのではないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2005 | Main | July 2005 »