« 蝦夷松山、雁皮山、袴腰岳 05年5月 単独 | Main | 朝日連峰カモシカ縦走 昭和62年5月30日 単独 »

June 20, 2005

目国内岳と羊蹄山 05年6月 単独

_018
_017
 写真 左:目国内岳頂上より雷電岳方面を望む 右:前目国岳から目国内岳を見上げる
 6月はじめ、残雪豊富な目国内をまず狙った。雪のため車は新見温泉までしか入らず、登山口まで約1時間歩くことになった。順調に歩を進め、頂上直下で山スキー3人パーティーに会ったのには驚いた。頂からはニセコの山々、狩場や羊蹄まで見え、すばらしい展望だった。
_002
 翌日真狩口から羊蹄山をめざす。今年は雪が多く、登山道は大雪渓となっている。晴天のため暑くて消耗する。
昨日目国内直下の岩場でぶつけた膝が痛くなってきて、外輪山の下7,80m位のところで断念することにした。残念だが仕方あるまい。登山口まで戻って見上げた羊蹄はいつもより高くそびえているように見えた。

 ここで平和の話題をひとつ。先日函館であったベトナムのドクさんとの交流会に参加した。彼が事務員として勤める病院には、今でも枯れ葉剤によって健康を害した患者さんが60人も入院しているという。彼の同胞を助けたいという強い意志に感銘を受けた。ただベトナム戦争では、日本も加害者の一翼を担った面があるので、大いに反省しなければと思う。
 現在同じことが、アフガニスタン、イラクでつづいているかと思うと、暗澹たる気持ちになる。皆で力を合わせ、なんとか変えていきたいと願っているこのごろである。

|

« 蝦夷松山、雁皮山、袴腰岳 05年5月 単独 | Main | 朝日連峰カモシカ縦走 昭和62年5月30日 単独 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/4634438

Listed below are links to weblogs that reference 目国内岳と羊蹄山 05年6月 単独:

« 蝦夷松山、雁皮山、袴腰岳 05年5月 単独 | Main | 朝日連峰カモシカ縦走 昭和62年5月30日 単独 »