« 大雪 旭岳 05年5月3日 同行Mさん,Tさん | Main | 十勝岳 05年5月4日 同行Mさん、Tさん »

May 11, 2005

羅臼岳 05年5月1日 単独

_030
_049
_058
_062
_069
 写真 上左:朝日を浴びる硫黄山 上右:山頂から硫黄山を望む 中左:山頂から遠音別岳、海別岳、斜里岳を望む 中右:羅臼平から羅臼岳をバックに 下:羅臼岳をふりかえる
4時50分出発。木下小屋の脇を通り登り出す。いきなり急登だ。今日の天気は上の方がガスっているが、そう悪くなさそうである。559mピークは岩峰となっていて、左側を巻く。登るに従いガスが切れてきて、硫黄山方面が見えてきた。朝日が当たり、厳粛な気分になる。842mピークは6時20分着。この頃にはさらに天気が良くなり、羅臼、三ツ峰、サシルイ岳などの展望が眼前に展開するようになる。すこぶる気分が良い。
 少々下って極楽平に到着。登山道は正面の壁を登るようだが、そのまま沢をつめれるだけつめて行くことにする。三ツ峰の山腹が急になりだすところからトラバースして羅臼平に出た。眺望は一段と利くようになり、クナシリ島の爺々岳まで見渡せた。鷲が闖入者を威嚇するように頭上を飛んでいる。やはり辺境の地だ。
 いよいよアタックにかかる。見上げる頂上直下はえらく急に見える。アイゼンをつけ、気を引き締めて登り出す。一段目の急登は正面から登る。そのまま登り続け、頂上直下の岩場に到着。夏道は南側に回りこんでいるようだが、登り口が見つからず。正面の急斜面を突破することにする。ゆっくりと歩を進め、最後は右よりのルートをとり、登頂す。8時50分。
 頂上は今まで見たこともない巨大なエビの尻尾に覆われている。南は遠音別岳、海別岳、斜里岳まで見える。北には硫黄山につづく峰々。眼下には知床の海岸線。最果ての地の眺望を十分に楽しんだ。
 下りは慎重を期す。20m位が核心部で、あとは登りのトレースに従う。9時30分羅臼平着。これで一安心だ。セルフタイマーで写真を撮った後、下山にかかる。極楽平手前で、東京から来たという4人パーティーに会う。
 やはり下りは早い。順調にこなし、11時15分登山口着。
 久しぶりに充実した山行だった。少し休んでから、斜里岳再挑戦のため清里に移動する。

|

« 大雪 旭岳 05年5月3日 同行Mさん,Tさん | Main | 十勝岳 05年5月4日 同行Mさん、Tさん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/4036745

Listed below are links to weblogs that reference 羅臼岳 05年5月1日 単独:

« 大雪 旭岳 05年5月3日 同行Mさん,Tさん | Main | 十勝岳 05年5月4日 同行Mさん、Tさん »