« 第54回富士登山競争 01年7月25日 | Main | 「平和憲法を守ろう」とアピールしながら百名山を登ります »

April 10, 2005

太櫓岳と雄鉾岳から元小屋沢山 05年4月9日 単独

_002
_004
_005
 _006
写真 上左:太櫓岳山頂 上右:雄鉾岳に近づく 下左:雄鉾岳西峰と奥に本峰 下右:本峰直下から振り返る西峰 
 早朝八雲を出発。遊楽部岳登山口手前のヘアピンカーブの所から登り出す。5時10分。積雪は1m位。太櫓川沿いに30分さかのぼるとめざす尾根に到着。急だがその分順調に高度を稼ぐ。天候はあまり良くなく上部はガスっている。分水嶺に合流する頃には、気温が下がり雪面も硬くなってきた。ガスが切れるのを期待し、いつもよりゆっくり登る。新雪が少し積もった頂上には7時55分着。視界は50m位か。1時間以上天候待ちをするも、回復せず。あわよくば遊楽部までと考えていたが、断念することにした。下山途中2人パーティー会う。分水嶺を踏査している人たちで、この後雲石峠まで縦走する予定だという。驚いた。下りは早く10時5分下山した。
 天候は徐々に回復し、青空も見えてきた。雲石峠まで移動し、11時10分雄鉾岳めざして出発。分水嶺を忠実にたどる。雪はつぼ足で少し沈むくらいだ。順調に距離を稼ぎ、雄鉾に近づく。雪をまとった姿は迫力満点だ。790mの割岩岩峰の基部を右に回りこむようにして尾根に出る。ここからの本峰ははるかに遠く、一瞬くじけるが、気を取り直して予定通りトラバースにかかる。尾根と沢の安全なところを選んでトラバースを続けていく。西に見える毛無山の展望がなぐさめだ。雄鉾岳西峰がすばらしい。5万図ではわずかだが、かなりのアルバイトだ。ようやく本峰から西に降りている尾根に達した。後は順調に高度を稼ぎ、2時35分登頂する。展望は360度。ただ遊楽部岳の頂上付近はガスがとれず。西峰が登高欲をそそる。頂上に最近と思われる足跡があったのには驚いた。
 予定より時間がかかってしまった。元小屋沢山への稜線はなだらかで行程がはかどる。頂上は3時55分着。南には砂蘭部と乙部岳が大きい。沖沢山の岩峰が目をひいた。時間がないのですぐさま下りにかかる。802m峰から見る雄鉾がまたすごい。ここからの下りは急な上、雪が割れているものだから予定外の厳しさだ。下りきって満願展望台まで登り返す。雄鉾の壁には4本の氷爆がかかっており見事。最後まで油断のできない尾根だ。下りきっても林道歩きが残っている。5時55分、おぼこ荘に下山。温泉で汗を流し、帰函した。
 

|

« 第54回富士登山競争 01年7月25日 | Main | 「平和憲法を守ろう」とアピールしながら百名山を登ります »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 太櫓岳と雄鉾岳から元小屋沢山 05年4月9日 単独:

« 第54回富士登山競争 01年7月25日 | Main | 「平和憲法を守ろう」とアピールしながら百名山を登ります »