« 尖岳と袴腰岳 05年3月19日 同行Uさん | Main | 上磯 570m峰 05年4月2日 単独 »

March 28, 2005

燈明岳から七ツ岳と馬岳 05年3月27日 単独

_002_018_026_029_042_049 
写真は上左:林道から望む馬岳、燈明岳、牛岳 上右:分岐部付近から見る馬岳 中左:七ツ岳に迫る 中右:七ツ岳頂上直下から望む大千軒連峰 下左:七ツ岳山頂 下右:七ツ岳頂上から見下ろす燈明、馬岳、丸岳、長山   以前から目をつけていた南面からの七ツ岳に挑戦した。5時40分知内温泉手前の林道終点出発。積雪は1m強。ワカンで少し沈む位。立派な橋でツラツラ川を渡り、林道に沿って歩を進める。めざす燈明岳、馬岳、牛岳、奥には七ツ岳も見え、ファイトが沸く。親井川の分岐が近づくと突然林道が終点となる。仕方がないので本流まで降りてみたら、橋を発見。あとは林道沿いに歩き、左岸の斜面が急になったところで休憩とする(7時30分)。
 ここから燈明岳から降りてくる尾根に取り付く。わずかな急登をこなすと明瞭な尾根に出る。あとは燈明まで忍耐の登りである。ラッセルは10~20cmで、時々膝まで踏み抜く状態。対岸の丸岳、長山の展望、どっしりした馬岳を見上げながら登っていく。9時燈明岳頂上着。やぶに覆われ展望もきかないので、その先の鞍部まで降りる。
 七ツ岳をめざすか、先に馬岳と牛岳をやるか思案のしどころだ。距離はあるが、白く輝く七ツ岳の魅力がまさる。先が長いので、休まず登る。登るに従い、先週登った袴腰岳や親岳が見えてくる。南西方向には真っ白な大千軒連峰がすばらしい。1箇所少し急なところが出てくるも、危険はない。最後は頂上雪庇の切れたところから乗り越すようにして、稜線に出る。とたんに強風に見舞われる。10時40分頂上着。雲はあるが360度の大展望だ。越えてきた燈明や馬岳、牛岳が眼下に見下ろされた。
 寒くて休んでいられず、早々に下山にかかる。やはり下りは早い。例の鞍部まで一気に下ることができた。天候は悪化傾向。まず馬岳をかたずけることにする。標高差で150m。一番急なところで40度位か。とても661mの山とは思えない迫力である。12時10分山頂着。雪が降ってきたので、急いで引き返すことにする。
 559mの分岐まで戻った頃には風雪となる。牛岳は残念だが断念することにした。トレースをたどりながら、12時55分燈明まで戻る。下りは早く、あっという間に林道帰着。あとは林道をこなすだけだ。朝合流した地点はまっすぐ進むことにする。こちらの方が地図上の林道なようだ。意外に早く林道を歩き通し、3時湯の里バス停到着。振り返ると今朝と同様、七ツ岳をはじめとする山々が見渡せた。

|

« 尖岳と袴腰岳 05年3月19日 同行Uさん | Main | 上磯 570m峰 05年4月2日 単独 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/3473620

Listed below are links to weblogs that reference 燈明岳から七ツ岳と馬岳 05年3月27日 単独:

« 尖岳と袴腰岳 05年3月19日 同行Uさん | Main | 上磯 570m峰 05年4月2日 単独 »