« 春の伏見岳から神威岳 02年4月27日 単独 | Main | ヒマラヤの旅 0年11月 単独 »

January 29, 2005

3月の遊楽部岳 02年3月21日 同行Hさん

yuurappuhutoro 冬の遊楽部岳に執念を燃やすHさんと挑戦した。
 前日は国道沿いの雪原にテントを張った。4時半には起きだし朝食をとる。どうやら天気はしばらくもちそうだ。5時27分出発。太櫓川に沿った林道を進む。積雪は50cm位だろうか。30分強で林道と離れ、左岸の斜面を登りはじめる。気温が高いせいか、かなり埋まる。ワカンをつけ、やぶの出た急斜面を黙々と登った。対岸のどっしりした太櫓岳の眺めがなぐさめだ。予報によると午後から大荒れになるというが、今のところまずまずである。
 890mあたりで尾根は90度方向を変えるが、この頃より天候は悪化の兆しを見せ、西から黒い雲が押し寄せてくる。1094mピークまでは一直線の登りで、厳しいアルバイトとなる。風が強まってきた。やはり今日中は無理かという思いが掠める。やっとのことでピーク着。臼別岳手前の山が驚くほど急で、不安がもたげる。遊楽部方面は相当の風のようだ。
 小ピークを上り下りして、急斜面の下に着く。いざ登ってみると、ほどほどの傾斜で心配したほどではなかった。頂稜部に出ると急に風が強まってきた。左側の雪庇に気をつけ慎重に進む。振り返ると、Hさんがこまめに赤布をつけている。さて、いよいよ臼別岳である。9時30分着。感慨に浸りたいところだが、強風のためゆっくりできず。早々と下りに入る。
 ここで予想もしなかった強風に見舞われる。瞬間風速30mくらいあるのではないか。耐風姿勢をとっていても、飛ばされそうになる。加えて雪面を踏み抜くもんだから、さっぱり進まない。久々に厳しい山となった。Hさんと相談し、いったん東側の斜面に避難した。それにしてもすごい風だ。以前正月のヤオロマップで経験したものに近い。めざす頂上は目の前にあり、まだ時間は早い。Hさんに待ってもらい、一人でピークをめざすことにする。東側は雪庇なので忠実にやぶ沿いを進む。時折風が強まり、耐風姿勢をとる以外は休まず登る。10時45分やっとのことで頂上着。南側の展望が一気に開ける。白水岳、冷水岳への稜線は確認できた。東方向にマッターホルンのような山が見えた。岩子岳か。地図で新頂上を確認し、すぐに引き返す。
 下りは早く、程なくHさんと合流できた。ここで東斜面を連続トラバースして先程の強風を避けようと試みる。しかし雪が崩れてしまい、とても無理。稜線に戻る。再び強風の人となり、苦労して臼別岳直下まで戻った。頂上はパスし、東側を巻いたら少しだけ楽ができた。疲れた体に鞭打ち例の急斜面直下まで降りる。ここまで来ると先程の強風はうそのように静かになり、はじめてゆっくり休むことができた。天候は下り坂で、いつ雨が降ってくるかわからない。最後の急斜面を降りている時とうとう降り出す。林道に入ってもひどくなる一方で、ついに土砂降りとなる。3時国道に帰着した。

|

« 春の伏見岳から神威岳 02年4月27日 単独 | Main | ヒマラヤの旅 0年11月 単独 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75507/2738583

Listed below are links to weblogs that reference 3月の遊楽部岳 02年3月21日 同行Hさん:

« 春の伏見岳から神威岳 02年4月27日 単独 | Main | ヒマラヤの旅 0年11月 単独 »