« 狗神岳 03年3月21日 同行Hさん | Main | 岩子岳とペンケ岳 03年4月4日 単独 »

January 15, 2005

横山から砂蘭部岳 03年2月11日

_038_047_035_041_055
 同じ山岳会のHさんの同行を得て、厳冬期の砂蘭部を目指した。7時18分桜野牧場出発。沢沿いに進み、程なく小川を渡渉する。斜面を直上し、少し傾斜のゆるい地形となる。植林地をかすめるように登っていくと、尾根が次第にはっきりしてくる。積雪は1m位。Hさんは山スキーなので断然早い。私の方は、脛から膝くらいのラッセルとなりじっと忍耐だ。徐々に傾斜が急となり、本格的なラッセルとなる。対岸の野田生岳がよく見え励みとなる。9時23分やっとのことで730mピークに出る。展望はあまり利かないが、とりあえず100m位先までは見える。ひとがんばりで853mピーク着。横山方面は上部がガスったままである。いったん下って上下の少ない稜線を進む。横山の登りにかかる頃より雲が薄くなってきた。11時10分横山着。風が強い。砂蘭部まで行くか思案のしどころだ。好天の兆しがあるので、次のピークまで行ってみることにする。961mピークに着く頃には青空も見えてきて、俄然ファイトが沸いてくる。砂蘭部本峰が純白のすっきりした姿を見せている。次の鞍部まで下ったところで、Hさんがスキーをデポしていた。ここからは東側にできた雪庇に近づかないようにひとふんばりし、頂上は12時39分着。ほとんど休まず登って5時間20分かかったことになる。
 対岸には岩峰の小鉾岳が望め、駒ケ岳と乙部岳はうっすらと見える。厳冬期の砂蘭部はそうそう来れるところではないので、展望を目に焼きつける。1時下山開始。横山までは約1時間。トレースは風で消されてしまい、我慢のラッセルとなる。鞍部まで降りた頃より、本格的な雪となり視界もあまり利かなくなる。稜線をはずさないよう進む。2時52分853mピーク着。眼下に桜野牧場が見える。ここからは急斜面を一気に降りることができ、登りの苦労がうそのようだ。4時牧場到着。久々に充実した山行だった。

|

« 狗神岳 03年3月21日 同行Hさん | Main | 岩子岳とペンケ岳 03年4月4日 単独 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横山から砂蘭部岳 03年2月11日:

« 狗神岳 03年3月21日 同行Hさん | Main | 岩子岳とペンケ岳 03年4月4日 単独 »